4時半起きを続けてわかったこと。

早起きしてますか?

今日も22時半就寝、4時半起きののってぃです。

「2017年は早起きする」と決めて、

今まで続けてきて、

最近は大体毎日4時半くらいに起きています。

4時半起きを続けてみてわかったことと、

早起きすると眠たい!という人へのアドバイスをまとめました。

誰にも邪魔されない自分だけの時間の確保

家族の誰も起きていない時間なので、完全に自分だけの時間が確保できます

将来子どもができても、朝の時間だけは確保したい!

頭が良く働くので、良質なインプット・アウトプットができる

「朝飯前」の言葉どおり、朝の時間は頭が良く働くので、

インプットもアウトプットもはかどります

「4時半起きとか、起きてから眠たくないの?」と思う人は、以下を確認してみてください!

朝起きて眠い理由

朝起きて眠い人は、以下の4つを確認してください

  • 体が早起きのリズムに慣れていない
  • 睡眠の質が悪い
  • 睡眠時間が足りていない
  • 起きるタイミングが悪い

体が早起きのリズムに慣れていない

0時に寝て7時に起きていた人が、22時に寝て4時に起きようとすると、

体が早起きのリズムに慣れるまでに1ヶ月くらいかかります

はじめの1ヶ月くらいは、ぜひ頑張って続けてみてください。

睡眠の質が悪い

寝ている環境で、不要な音や光があると、睡眠が邪魔されます

アイマスクや耳栓を使いましょう。

マットレスや枕が体に合っているかも重要です。

あと、「暑い・寒い」なども睡眠の質を悪くしますので、自己投資だと思ってエアコンをつけましょう。

睡眠時間が足りていない

「単純に睡眠時間が足りていないから眠い」という場合もあります。

人によって最低限必要な睡眠時間が違います

ぼくは、4時間〜8時間睡眠を色々試してみて、5時間半〜6時間あれば、スッキリと目覚められることがわかりました。

「何時間寝れば良いかわからない!」という人は、30分ずつ睡眠時間を変えながら、自分が最低何時間寝れば良いかを把握しておくのがオススメです!

睡眠時間は90分のリズムがあると言われていますので、

まずは、7時間半または6時間の睡眠時間を試してみてください。そこから30分ずつ前後させて自分にあった時間を見つけましょう!

起きるタイミングが悪い

睡眠には90分のリズムがあるので、4時間半・6時間・7時間半のタイミングだとスッキリ目覚めやすいです

ただ、人によって若干リズムは変わるので、自分にあった時間を見つけてください。

タイミングよく目覚めるために役立つのが、「スリープトラッカー」というやつです

例えばiPhoneアプリなら、

Northcube AB「Sleep Cycle alarm clock – 睡眠アプリ」

があります

ぼくは、スマートウォッチ「Pebble」のスマートアラーム機能を使っています

腕時計が振動で起こしてくれるので、隣で寝ている妻を起こすことがありません

起きる時間の30分前〜起きる時間までの間で、ちょうど睡眠が浅くなった時間に合わせて起こしてくれます。

すごくいいですよ!

残業がクソだと気づけた

1時間以上の残業は、次の日に響くことがわかりました

ぼくも毎日20時くらいまで残業していた時は、

1〜2時間の残業が次の日に響いていることに気づかなかったのですが、

「残業ゼロ」を試してみてハッキリとわかりました。

1時間の残業でも、疲れが残って毎日パフォーマンスが落ち続けているんですよね。

(精神が消耗するからかな??)

その結果、土日をダラダラ過ごしてしまったら・・・

貴重な人生の時間がもったいない!

土日も早起きすると、休日が2倍くらい長く感じられますよ〜

まとめ

残業はクソ!

じゃなかった(汗

早起き生活、楽しいですよ〜

関連記事

なかなか早起きが続かなかった僕が、毎日4時半に起きている。早起きのための4つのコツ。

2017.05.26

【15分読書】朝5時半起きの習慣

2017.01.28






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

魚釣りとドローンが好き。社畜が嫌いなダメリーマン。読書と自炊は生活の一部です。最近ハマったもの→メルカリ、本の自炊、仮想通貨、bitzeny、ブログ。VALU頑張ります→ https://valu.is/notthi