【15分読書】朝5時半起きの習慣

今年は年初から早起きを続けようとしています。

疲れがたまっていると土日は二度寝することもありますが、仕事をうまく片付けて早く帰れた時は、朝5時半起きを続けられています。

今日で6日連続。順調です。

何をするにも、質の高い睡眠時間を確保することは重要と考えます。

今日は、朝5時半起きの習慣で、人生はうまくいく!から、気になった箇所をピックアップしてみます。

早起きの限界は?

朝5時を謳ったものや、4時起き、3時起き、中には朝2時起き!なんて本もありますが、早ければ早いほど良いのでしょうか?

著者は、「日の出の時間を無視することはできない」と述べています。

したがって、万人に勧められる早起きの時間は5時半としているそうです。

午前中の仕事のパフォーマンスを高めるためには?

午前中に頭を使う生産的な仕事を持ってきて、一気に片付けるのが良いとよく言われます。本当に午前中の仕事のパフォーマンスを高めるためには、体内時計をうまく調節しておく必要があります。

メラトニンやセロトニンといった小難しい話は置いておいて、結論から言うと、以下の2つがポイントです。

  • 朝9時までに太陽の光を30分以上浴びること
  • 夜18時以降はできるだけ強い光を浴びないこと

おすすめの生活習慣は?

  • 起床時間は、5:30〜8:30の間とする。
  • 朝食はバランスよく、しっかり食べる。
  • 運動は朝ではなく、夕方以降にする。
  • 夕方以降は照明を間接照明にする。
  • 昼間どうしても眠い時は、15分以内の仮眠をとる。
  • 午後以降はできるだけカフェインを取らない。
  • お酒は寝る3時間前までとする。

雑感

書いてあることはもちろん正しいと思います。あとは、これらをどうすればうまく習慣化できるか?ですよね。

自分は早起きして作った時間で何をしたいのか?

その結果、どう変化したいのか?

 

といった、問いかけをしてみると良さそうです。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

魚釣りとドローンが好き。社畜が嫌いなダメリーマン。読書と自炊は生活の一部です。最近ハマったもの→メルカリ、本の自炊、仮想通貨、bitzeny、ブログ。VALU頑張ります→ https://valu.is/notthi