シントピックリーディング

シントピックリーディングとは、あるテーマ(シントピック)について複数の本から情報を得て、整理して、自分の意見をまとめることができる読書法です。[新版]あなたもいままでの10倍速く本が読めるから、シントピックリーディングについてご紹介します。

◯◯というテーマで複数の本や論文を調べてレポートにまとめる、といった作業を半日かからずに終えることも可能です。

シントピックリーディングは、フォトリーディングの活性化の手法のひとつです。

1冊でも読むのは大変なのに!という声も聞こえてきますが、、、

フォトリーディングを使うと1日に数冊の本から欲しい情報を得ることは簡単だったりします。

さて、シントピックリーディングは、10のステップからなっています。

1.目的(テーマ)を設定する

 

シントピックリーディングの最初のステップは、目的を設定することです。漠然としたものではなく、個人的な目的、すなわち、自分にとって価値があり、具体的かつ明確であることが重要です。

 

シントピックリーディングを行うには、明確な目的を設定します。

2.読む本を決める

目的に沿った本を、3〜5冊程度選びます。

異なる意見を持った著者の本を織り交ぜることで、多面的な視点から自分の意見をつくることができます。

3.フォトリーディングする

フォトリーディングのステップ3をすべての本に対して行います。ステップ3とは、本を1ページ1秒のスピードでパラパラめくっていく作業のことです。フォトリーディングを行うことで、情報が脳にインプットされます。

可能なら、ここまでの作業は前日までに終えておくと良いでしょう。

4.シントピックマップを作成する

本書211ページよりシントピックマップを引用。

中央に目的を書きます。そして、本の数だけ枝を伸ばして、タイトルや著者名などを書いておきます。

5.関連箇所を見つける(本を読む)

実際に本を開いて、目的(テーマ)に関連するキーワードや文章をメモしていきます。本を読む順番は、ランダムでも構いません。

重要なのは、「目的に関係ない箇所は、どんなに良いことが書いてあっても読む必要がない」ということです。

あまり細かく読み込む必要はありません。直感を信じて、

自分の目的を常に意識しながら読むことによって、自分に必要な情報が目に飛び込んで来るようになります。

6.自分の言葉で纏める

ひと通り関連箇所をみつけたら、簡単に自分の言葉でまとめてみます。

著者の言葉を自分の言葉で表現することで、自分なりの意見が明確になってきます。

7.共通点と相違点を見つける

それぞれの著者の意見の中で、共通点(同じ意見)と相違点(異なる意見)があれば印をつけます。多くの著者が共通して述べている見解が、重要なものであることがわかります。

8.論点をまとめる

著者によって異なる意見がある場合は、チャンスです。その相違点について調べることで、複数の視点からテーマについての情報を得ることができます。

9.自分の意見をつくる

共通点と相違点についての情報がまとまってきたら、それらを整理していくと、しだいに「自分の意見」もまとまってきます。できるだけ先入観を捨てて、中立的な立場から著者たちの意見をまとめて、自分の立場を決めていきます。

10.自説を確立してレポートにまとめる

すでに自分の意見が得られており、目的が満たされて、十分満足感が得られている場合は、9.までで終了です。

論文やレポートにまとめる必要がある場合は、本から得た情報について、論点を整理して、自説にはデータで裏付けを取る必要があります。

まとめ

シントピックリーディングは、テーマが明確になっている場合に、複数の本から情報を得ることができる強力なツールです。何より、複数の視点の意見をまとめて、自分なりの見解まで短時間でまとめることができます。実行しようとすると、それなりの労力と時間が必要ですが、効果は絶大です。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

魚釣りとドローンが好き。社畜が嫌いなダメリーマン。読書と自炊は生活の一部です。最近ハマったもの→メルカリ、本の自炊、仮想通貨、bitzeny、ブログ。VALU頑張ります→ https://valu.is/notthi