TOEIC495点から770点まで上げたけど、英語の勉強をやめました。

頑張っていたTOEICの勉強

2009年当時は、TOEIC495点でした。

その頃、700点を超える!という無謀な?目標を立てて、がむしゃらに勉強していました。

移動時間や、会社の昼休憩などを使って、受験生のようにコツコツ英単語を覚えました。

家では、洋書を使って音読を繰り返しました。1日15分くらい。ほぼ毎日。

2年後、2011年に700点を達成しました。(715点)

その後も毎日ではないですがコツコツ音読を続けて、

2013年には自己最高の770点を達成しました。

もちろん嬉しかったです。

頑張って努力が報われるのは、最高の瞬間です。

ただ、

思ったほど話せるようにはならなかった

のです。

本当の目的は?

そして気づいたのです。

本当の目的は、

「英語をカッコよく話せること」

だったのだと。

英語を話すことが目的なら、TOEICは不要です。

また、どうすればいいかの答えも明確で、英語を話さざるを得ない状況に自分を追い込む、ということです。

あとちょっと勇気を出して、追加の時間を投資すれば、問題なく話すことができるはずです。追加で必要な時間はおそらく100時間から200時間でしょう。

もう少しがんばってみようかな?

そんな迷いもありました。

しかし…このニュースで決心しました。

【話題のサービス・アプリ】 ニューラルネットによる機械学習で翻訳精度が劇的に向上した「Google翻訳」 – INTERNET Watch

Google翻訳がAIによって劇的に翻訳精度が向上したのです。かなりの長文であっても読める日本語に変換できるそうです。

コンピュータの進歩は凄まじいです。

数年のうちに、通訳や翻訳に関する多くの仕事はコンピュータに取って代わられることでしょう。

結論。

「英会話はコンピュータに任せよう」

英語の勉強はまったく不要なのか?

そんなことはありません。

英語についても、ある程度(中学レベル?)は知っておかないと、コミュニケーションに支障が出そうです。

いつも機械翻訳に頼るよりは、自分でコミニケーションできる方が、スムーズに意思疎通できるでしょう。

ぼくは、英語の勉強よりも、他の勉強(読書やブログ)に時間を振り分けることにしただけです。

英語の勉強から学んだこと

  • 勉強方法を自力で調べるスキル
  • 目標に向かって計画を立てるスキル
  • 計画を実行し、習慣化するスキル

どのスキルも、異なる分野に応用することができますね。

特に一度決めた計画を確実に実行して、習慣化するスキルは、自分を変えるためにとても役に立ちます。

英語の勉強には過去に数百時間を費やしましたが、まったく無駄ではなかったと言えます。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

魚釣りとドローンが好き。社畜が嫌いなダメリーマン。読書と自炊は生活の一部です。最近ハマったもの→メルカリ、本の自炊、仮想通貨、bitzeny、ブログ。VALU頑張ります→ https://valu.is/notthi