【動画あり】ScanSnap SV600Aで書籍をスキャンしてみた。上手くスキャンするためのコツ2点。

ScanSnap SV600Aを購入しました。現在、使用開始してから3日目。

色々工夫して、ようやく実用的なスピードで安定してスキャンができるようになりました。

概ね、300ページ程度の書籍を、スキャンするのに20〜25分、その後の調整に5〜10分かかります。

【動画】ScanSnap SV600Aで書籍をスキャンしてみた。

うまくスキャンするためのコツ

1.アクリル板で本を押さえる

アクリル板を使用しないと、本を押さえる指が映り込むことになります。後から付属ソフトで指を消すこともできますが、あまりにも面倒なためお勧めしません。

アクリル板で本を抑えることで、指の映り込みを防ぎ、本のページ境界の自動認識も正確になります。

アクリル板が、本全体を覆うように抑えることがコツです。

使用したアクリル板

2.部屋を少し暗くする

部屋が明るいと、照明の明かりがアクリル板に反射してうまくスキャンできません。ある程度薄暗くしておくと、安定してスキャンすることができます。

まとめ

以上2点を気をつけるだけで、かなり正確に本のページを認識して自動で分割することができます。歪みの補正も自動でできますので、多少の傾きなども気にする必要はありません。

仕上がりのクオリティーですが、歪みを完全に抑える事はできません。しかし、 十分に読めるレベルでスキャンすることができるので、今まで諦めていた大切な書籍の電子化が可能になりました。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

魚釣りとドローンが好き。社畜が嫌いなダメリーマン。読書と自炊は生活の一部です。最近ハマったもの→メルカリ、本の自炊、仮想通貨、bitzeny、ブログ。VALU頑張ります→ https://valu.is/notthi