Scansnap SV600でスキャンしながらフォトリーディングするという新習慣

いつもの日常に「ScanSnap SV600」というアイテムが加わったことで、新習慣ができました。

スキャンしながら本を読む

本を裁断機で裁断するタイプの自炊では、本を読むことができません。しかし、非破壊自炊ができるScansnap SV600では、スキャンをすると同時に、本を読むことができます。

これは非常に大きなメリットで、仮に自分では読んだつもりではないとしても、本の内容は潜在意識に刻まれていくことになります。

いきなり潜在意識なると書くと、「理解できない」と言う人もいらっしゃると思います。

安心してください。

僕も全く理解していませんが、フォトリーディングを使って、潜在意識に本の情報を刻み込むことができています。

1ページ5〜10秒の速さ

Scansnap SV600で一般的なサイズのビジネス書をスキャンするときは、1ページあたり5〜10秒のスピードでスキャンできます。

全部を読むことはできませんが、目に飛び込んでくるキーワードだけでも、思考を活性化させるには十分な情報量です。

リラックスした状態

無心で本をスキャンしているときは、とてもリラックスした状態となっています。(これはぼくだけかもしれませんが)

リラックスした状態だと、さまざまな情報が脳に入りやすくなります。また、アイデアも浮かびやすくなります。

まとめ

「本を裁断せずにスキャンできたらいいな」という考えで非破壊自炊に挑戦しましたが、「スキャンする時間で本が読める」という思わぬメリットがあってラッキーでした。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

魚釣りとドローンが好き。社畜が嫌いなダメリーマン。読書と自炊は生活の一部です。最近ハマったもの→メルカリ、本の自炊、仮想通貨、bitzeny、ブログ。VALU頑張ります→ https://valu.is/notthi