1ヶ月に3冊読むだけで上位20%になれるのに、なぜ本を読まないの?

少し古いデータですが、2014年の文化庁調査(産経ニュース)によると、

1ヶ月で1冊も本を読まない人・・・47.5%

1ヶ月で3冊以上本を読む人・・・17.9%

だそうです。

1ヶ月でたった3冊読むだけで、上位2割に入れますね。

僕みたいにフォトリーディングをしていると、空き時間だけで1日5冊とかは余裕なのですが。

かくいう僕も24歳までは読書量ゼロでした

そう、フォトリーディングに出会うまで。具体的には、2008年ころ、勝間和代氏の本がブームになった頃ですね。

その時、初めて「ビジネス書」を手に取りました。

タイトルは忘れましたが、200ページくらいのビジネス書で、仕事を効率化する●●みたいな本でした。

今思えば、最初にたった1冊、読んだところから、人生が変わり始めたんだなって思います。

最初の1冊は3時間ほどかかって読みました。

たった1冊、数時間な時間すら取れない人は、本を読む前に生活習慣を見直した方がよいですね。

多読で読むスピードが3倍に

1冊読むと不思議と勢いがつくもので、その後段々と本を読む量が増えました。

「仕事が楽しくない」とか、「仕事を効率化したい!」という思いがずっとあったことが、本を読むモチベーションでした。

気がつけば半年で50冊ほど読んでいました。

読めば読むほどその分野の知識がついてくるので、どんどん読むスピードは速くなります。

知っている情報は読み飛ばすことができるからです。

独学のフォトリーディングで読書スピードがさらに2倍に

2008年当時は(一部で)フォトリーディングがブームでしたので、自然とフォトリーディングに出会いました。

いわゆる10倍本「[新版]あなたもいままでの10倍速く本が読める(Amazonリンク)」を読みました。そして、独学で、見よう見まねで始めました。

最初は効果も体感できないし、「意味あるの?」と思いながら、50冊くらい続けましたね。

フォトリーディングの効果を実感できるようになったのは、読書習慣をつけてから1年後、トータル100冊を読んだころです。

「いつか読んだ本」の情報がいきなり頭に降ってくるような体験を何度かしています。

この質問の答えは「あの本のあの辺に書いてある!」とかが、直感で分かることもあります。

それ以上に、思考や行動が無意識に変わっていることに気付かされます。

と、言っても体験したにしか伝わらないですよね…

まとめ

上位2割の人材になりたいなら、時間配分を見直して、本を3冊読みましょう。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

魚釣りとドローンが好き。社畜が嫌いなダメリーマン。読書と自炊は生活の一部です。最近ハマったもの→メルカリ、本の自炊、仮想通貨、bitzeny、ブログ。VALU頑張ります→ https://valu.is/notthi