なかなか早起きが続かなかった僕が、毎日4時半に起きている。早起きのための4つのコツ。

早起き生活は思っていたよりも、ずっと楽しい。

2017年に入って少しずつ早起きを続けてきましたが、ここ最近は起床時間がさらに早くなって、毎日4時半くらいに起きています。朝の時間は頭が良く働くので、何をやっても捗ります。

早起きを続ける中で見つけたいくつかのコツをご紹介します。

早起きのための4つのコツ

早く寝る

何はともあれ、早く寝ることです。今は妻と二人暮らしですが、二人とも寝るのが早くなっています。最近は夜10時過ぎには寝るようになりました。

以前は夜8時9時までの残業は当たり前だったので、「残業しない!」と決めた効果は出ていますね。

<関連記事>

残業が常態化している会社にいて、残業しないと決めました。

残業が常態化している会社にいて、残業しないと決めました。

2017.05.08

そもそも夜の時間は、頭がほとんど働いていないので、重要な決断や考え事をするには向いていません。

リラックスする時間を確保して、早めに寝るのが良いです。

時計型目覚ましを使う

早起きするときに問題となるのが、目覚ましで妻を起こしてしまうこと、です。

僕は4時半に起きていますが、妻が起きるのはだいたい5時半くらいです。

なので、音の鳴らない目覚ましを使っています。

僕は、Pebbleのアラーム機能を使っています。振動だと結構すっきり起きれますよ。

スマホは枕元に置かない

あなたは枕元にスマホを置いて、目覚まし代わりに使っているのではないですか?

「電磁波云々」ではありませんが、スマホがあると、安眠を邪魔される可能性があります。

それに加えて、「朝起きたらまずスマホを見る」という習慣がついてしまうと、通知などが気になってついついSNSなどを見始めてしまいます。

そしてそのまま二度寝・・・なんてことになるので、僕はスマホはリビングに置いたまま寝ることにしています。

起きてからの動きを決めておく

起きてからの行動を習慣化することで、意志の力を使わなくても行動できるようになります。

僕の場合、朝起きてからは、トイレ、洗顔の後に、バナナを1本食べます。その後、コーヒーを1杯飲みながら、読書をしたり、ブログを書いたりしています。

この一連の行動が習慣化するまで続けることで、自然に目が醒めるようになっていきました。

まとめ

  • 早く寝る
  • 時計型目覚ましを使う
  • スマホは枕元に置かない
  • 起きてからの動きを決めておく

 

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

魚釣りとドローンが好き。社畜が嫌いなダメリーマン。読書と自炊は生活の一部です。最近ハマったもの→メルカリ、本の自炊、仮想通貨、bitzeny、ブログ。VALU頑張ります→ https://valu.is/notthi