仕事の成果を時間でしか評価できない上司に、怒りを通り越してあきれた。

ほんと、困りますね〜

「もっと残業しろ!」しか言わない上司。

頭の中が旧時代のままなのでしょうね。

「時間をかければかけただけ成果がでた」というのは遠い過去のはなしです。

食い違う意見

「上司」成果を出すためにもっと残業しろ!!

「ぼく」成果を出すために早く帰って休みます。

毎日この繰り返し。両者の主張は永遠に平行線です。

解決の糸口はつかめるのでしょうか?

ぼくは今年に入ってから「残業しない」と決めたので、毎日定時付近で帰り支度を始めます。

すると上司がやってきて、「今日は何もできていないじゃないか?もっと残業して頑張れ。みんな頑張っているのに」

と、暴言をはくわけです。

「仕事が遅れるのは、全体を管理できていない上司の責任でしょ?」

と、本音は言いたいのですが、まだ言えていません。

成果が見えない仕事

いまのオフィスでの仕事って、成果が目に見えませんよね。

隣の人がパソコンをカタカタしていても、隣の人が何をしているのかは全くわからなかったりします。

それでよく見ると、どーでもいい打合せ用の資料を、一生懸命にワードやエクセルにまとめていることが多いです。

仕事自体は無限にあるので、無限に作業することができてしまいます。

「1日の成果が目に見えない」というのが1つの問題ですね。

一応、「資料作成」や「図面提出」などの目に見えるものもありますが、「途中経過」というのが見えません。

なので、「今日はこれで帰ります」と言ったら、「今日は何もできていないじゃないか!」ということになってしまいます。

もし途中経過を報告したとしても、「それが妥当な進捗状況であるかどうか」は、上司には判断できないでしょう。

で、どうするのか?

今考えている結論は1つ。

「終業時間を決めるしかない」です。

時間が無限にあると考えているから、「残業すれば良い」という安易な結論に逃げてしまうのです。

「時間に限りがある」ということを意識すれば、自然と優先度を決めて、「時間内になんとか終わらせよう」という意識に変わります。

「いつか時間があるときに」の「いつか」は永遠にやってきません。

自分で自分に時間の締切を与えて、時間内に終わらせることを常に考えましょう。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

魚釣りとドローンが好き。社畜が嫌いなダメリーマン。読書と自炊は生活の一部です。最近ハマったもの→メルカリ、本の自炊、仮想通貨、bitzeny、ブログ。VALU頑張ります→ https://valu.is/notthi