【2017年7月14日追記】勤めている会社の良いところが失われてしまったので、辞めようと考えている。

辞めちゃう?

ぼくは、機械設計エンジニア12年目です。今の会社の良かったところは、「若いうちから仕事を任されて、自由に何でもチャレンジできる社風」です。

なんで過去形かというと、すでに失われてしまったからですね。。。

悲しい。

思い返せば10年前。

ぼくも入社2年目から、新製品の開発を担当することになりました。

小さな失敗もいくつかありました。

それでも約1年後、自分が設計した製品を世に送り出すことができました。そのときの大きな大きな達成感は、いまでも鮮明に覚えています。

失われた自由

すでに「自由」は失われてしまったのです。

なぜかといえば、

「残業規制」「働き方改革」の影響です。

労働時間をきっちり管理して、時間に対する正当な賃金が支払われるようになったことは、本来は良いことのはずです。

しかし、、、

従来はフレックスタイム制で、遅刻も早退も関係なく、「自分で決めた時間で」働いていました。

開発の仕事というのは、同じ作業があまりありません。日々新しい作業に頭を使う、創造的な仕事です。

時間を決められると、とてもやりづらいのです。

最近さらに、タバコを吸う時間まで制限されるようになりました。タバコが吸えるのは昼休憩と、午前午後それぞれ5分の休憩時間に制限されました。

ぼくはタバコを吸わないので関係ないですけどね。

自分で決めることの重要性

「自分で決める」ことと「他者に決められる」ことには決定的な違いがあります。

モチベーションが変わってくるのです。

労働時間に限った話ではありません。

他者に決められた目標では、本気になれません。

自分で決めた目標だからこそ、本気になれます。

「自分を本気にさせる」ために、会社を一歩出てみようと考えています。

自分で決める人生。

自分で選ぶ人生。

他人の敷いたレールを歩くのは、もうイヤなのです。

あなたは、どのくらい自分の人生を生きていますか?

追記(2017年7月14日)

改めて読み返してみると、ものすごく愚痴っぽいですね。

初出時は精神状態が不安定だったからでしょう・・・

その後、退職願を一度出して上司と面談後、退職願は保留になっています。

一度出したら、気持ちはスッキリして、「辞めてやる!!」とい衝動的な気持ちは一旦おさまりました。

相変わらず仕事には集中できないままですけど。

会社が居てもいいと言ってくれるので、追い出されるくらいまで居座ってみようかなと。

そんな感じ。







1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    魚釣りとドローンが好き。社畜が嫌いなダメリーマン。読書と自炊は生活の一部です。最近ハマったもの→メルカリ、本の自炊、仮想通貨、bitzeny、ブログ。VALU頑張ります→ https://valu.is/notthi