ブログは毎日書くべき?質より量より更新頻度!

ブログは毎日書いた方が良いです。

と言いつつ1ヶ月以上も更新を止めてしまいました。

のってぃ(@notthi)です。

この1ヶ月は、「自分が夢中になれること」を思い出すために、起きている時間の全てを投入していました。

1ヶ月かかりましたが、心から楽しい!という感情を思い出すことができました。

ブログからは一時的に遠ざかってしまいましたが、また戻って来れたので良しとします。

ブログの「量」か「質」か問題

のってぃ
「質の良い記事を書かなきゃ」がプレッシャーとなって書けなくなる。

「質」を意識するあまりに書けなくなってしまうくらいなら、何も考えずに書きなぐって更新ボタンを押したほうが良い。

そして、

「楽しいことについて書く」からブログ更新も楽しくなる。

そういうスパイラルを作らないといけないなって思いました。

初心者であるほどノウハウに走りがちですが、まずは息を吸って吐くように文章を書き続けられるだけの「ブログ筋」を鍛えるべきです。

「量より質だ」という声ももちろんありますし、質が伴わない記事をいくら量産し続けてもそれ以上成長しません。

この、「量」か「質」か問題については、立花岳志さんの本を読んで再確認しました。

多くの人は、ブログを書くときに、「よい記事を書こう」「長くて情報量が多い文章を書こう」と考えます。よい記事、長い記事は、もちろんたくさんの人に読まれる可能性が高くなるので、多くの人がそれを望むのは無理もないことです。

でも、質や量を求める気持ちが強くなりすぎると、「逆転現象」が起きます。どんな逆転現象かというと、「質のいい記事を書けないなら、書いてはいけない」「短い記事は書いてはいけなどという「禁止」に向かってしまうこと。

ブログによる情報発信で人生を劇的に変えることは、誰にでもできることです。ただし、そこには、どうしても欠かせない条件が1つだけあります。それは、「継続」です。

質や量を犠牲にしてでも更新頻度は死守せよ!

とにかく毎日書きつづけ、神経経路をどんどん太く活発にしていくことで、文章はどんどん速く大量に書けるようになりますし、表現も上手になり、人の心に響く文章や、わかりやすい文章が書けるようになっていくのです。これが大原則。ブログは筋トレです。

のってぃ
ブログは筋トレ!

まとめ

ブログは筋トレと同じ。サボるとどんどん衰えていくし、コツコツでも続けることが何より大事。

のってぃ
たとえ1日15分しかなくても、更新頻度だけは維持しよう!

そう決めました。

おわりっ!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

年間400冊の読書家。一児のパパブロガー。残業が嫌すぎてストレスチェックに引っかかる。大の釣り好きだけど全然行けていない。16万円かけて組み立てた週刊ロビを3回しか遊んでいないくらいには、飽きっぽい。 好きなことだけして生きていくためにブログを始める。ドローンが好き。瀬戸内DRONEWALKER所属。