「自分を変える」から「自分を磨く」へ。8年間掲げていた「自変」を卒業しました。




「自分を変える」を卒業しました。

2009年にTwitterを始めた頃から、「自分を変える」という意味を込めた「自変」という看板を掲げて、自己啓発に取り組んできました。

名残惜しい気持ちもありますが、Twitterのアイコンも変えました!

「自変」を掲げて約8年。

具体的には、以下のようなことがありました。

  • 本を読む。年間読書数0冊→100冊に。
  • 英語の勉強。3年でTOEIC500点→780点に。
  • NLPを学ぶ。人前に立っても緊張しなくなった。

我ながら、色々なことをやってきたなぁと。

エネルギー源はネガティブの塊

「自分を変える」という行動を続けるためのエネルギー源は、自分に対するネガティブな考えです。

  • 人前で話すことができない
  • 自分の意見を言うことができない
  • 人とうまくコミニケーションをとることができない

このようなネガティブな自分を変えようと思って、そのエネルギーで行動してきました。

何かを変えたいと思ったら、ネガティブからスタートしたほうが、エネルギーが強いです。だから、最初はオススメです。

ですが、いつまでもネガティブをエネルギー源にしていると、だんだん辛くなってきます。

なぜ辛くなってくるかというと、ネガティブな自分には自信を持てないからです。

ある程度、ほんの少しでも何かを達成したならば、ネガティブな自分を少しポジティブな自分に置き換えて、ちっちゃな自信を育てましょう。

意識して繰り返すことで、自信が育ってきます。

「自分を変える」から「自分を磨く」へ

「自分を磨く」という言葉には、

「今ある自分をありのままに認めながら、より磨いて輝かせていく」という気持ちを込めています。

5年くらいかかりましたが、人前でスピーチすることに緊張しなくなり、自分の意見をブログで発信することもできるようになりました。

人と話すことが好きかどうかは置いといて、会話中に変に緊張したり冷や汗をかいたりということも、少なくなりました。

いつまでも「自分を変える」というネガティブスタートの看板を掲げていては、自分に自信を持つことが難しいなぁと考えました。そして、「自分を磨く」に変えようという決断に至りました。

これからも自分を磨き続けるぞ〜〜!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

魚釣りとドローンが好き。社畜が嫌いなダメリーマン。読書と自炊は生活の一部です。最近の興味→メルカリ、本の自炊、仮想通貨、ブログ。釣り×ドローンで面白いことを模索中。VALU→ https://valu.is/notthi