自由になりたければ、人から嫌われる勇気を持とう

自由とは人から嫌われることである

2017年に流行った本「嫌われる勇気」を読みました。

まず一番に、「自由とは人から嫌われることである」という言葉にハッとさせられました。

人から嫌われるのが怖い自分に気づくことができた

この本を読んでの一番の変化は、

「自分が人から嫌われるのをめちゃめちゃ怖がっていた」

と、気づかされたことです。

自分の人生を振り返ってみると、自分では意見をあまり主張せずに他人に合わせてばかりでした。

それって、人から嫌われないため自分が我慢して人に合わせることで、

人間関係を壊さないように気をつけていたんだと気が付きました。

人から嫌われてもいいんだと言う勇気をもらえた

自分からわざと嫌われる必要はないと思いますが、

自分が自由になりたいと思うのであれば、特定の人から嫌われることを恐れる必要はないと思えるようになりました。

まとめ

のってぃ
自由になりたければ、嫌われる勇気を持とう!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

年間400冊の読書家。一児のパパブロガー。残業が嫌すぎてストレスチェックに引っかかる。大の釣り好きだけど全然行けていない。16万円かけて組み立てた週刊ロビを3回しか遊んでいないくらいには、飽きっぽい。 好きなことだけして生きていくためにブログを始める。ドローンが好き。瀬戸内DRONEWALKER所属。