ワクワクすることだけを追い続ければ良い?




「ソース」という本が、1999年に日本で発売されています。18年前のことです。

「ワクワクすることだけを追い続ければ、欲しいものはすべて手に入る」

 

そう聞いた時、どう感じるでしょうか?

「そうできない理由」が何個も頭の中を駆け巡ったかもしれません。

この本、今、すごく求められていると感じます。

こんな人のための本です。

「自分の個性を生かした生き方をしたい」

「自分が生きていることの本質へと近づきたい」

「いまの仕事が、どこか自分とはズレているような気がする」

「少しでも、人のためになる仕事がしたい」

「自分の転職とはなにか、ずっと考えてきた」

「新卒で入る会社は、どんなところが合っているだろうか」

「家庭の中のことだけで一生を終りたくない」

「リストラを逆のバネとして次のステージに行きたい」

「定年後には、なにをしよう」

「勤め人を辞めて、いつか独立したいと思っている」

「何のために学校に行くのか、わからない」

自分のワクワクを全部書き出そう

まずやることは、自分の中にある「興味」や「関心」について知ることです。

過去の経験や、いま予定している事柄の中から、「ワクワクすることリスト」を作ります。

アクションプラン

今朝は朝食までの残りの時間を使って、ワクワクすることリストを作ってみたいと思います。

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

魚釣りとドローンが好き。社畜が嫌いなダメリーマン。読書と自炊は生活の一部です。最近の興味→メルカリ、本の自炊、仮想通貨、ブログ。釣り×ドローンで面白いことを模索中。VALU→ https://valu.is/notthi