ボウリングとTEFCAS(6ゲームアベレージ200点を目指して)

今日のボウリング。なかなか良かったです。1ゲーム目がすごく調子良くて、194点。

マイボールを最高4つ持っていたことがある、のってぃ(@notthi)です。

スペアのミスさえ無くせば楽勝で200!

と思いましたが、2ゲーム目に力んでしまって137と沈みました。

そして、「自分が力んでいること」に気づいたのが最後の6ゲーム目という有様……

先週からボールを1ポンド重くしたこともあって、ピンアクションが良くなってます。
3、4ゲームがそれぞれ180点、191点とそれなりの点数が出ていたため、自分が力んでいることに気付くのが遅れました。

自戒の念を込めて簡単にまとめます。

無駄な力を抜くこと

ボウリングでは、無理にスピードボールを投げることよりも、適切な回転をかけてしっかりコントロールすることの方が大切です。

目的は、かっこよくピンを弾き飛ばすことではなく、多くのストライクを出すことです。

ただ力任せにスピードを出せばピンが倒れてくれるわけでは無いところが、ボウリングの面白さです。

無駄な力を抜かないと、ボールに回転をかけることができませんし、コントロールも定まりません。

そもそもなぜボウリングにはまったのか

ボウリングは頭を使うスポーツです。

理系のぼくは、計算するのが好きなので、「頭を使った分だけ上達する」ボウリングというスポーツにはまってしまいました。

先にも書きましたが、ボウリングは力よりもコントロールが大切です。

ボウリングとTEFCAS

ボウリングと関係ないですが、TEFCASという言葉があります。それをボウリングにも当てはめることができます。

TEFCAS
  • T : Trial・・・まず何か行動(アクション)を起こす
  • E : Event・・・すると、何かしらのイベント(出来事)が起こる
  • F : Feedback ・・・出来事(事実)から、フィードバックを得る
  • C : Check・・・フィードバックををチェック(分析)する
  • A : Adjust・・・分析結果をもとに、行動をアジャスト(調整)する
  • S : Success・・・T〜Aを繰り返して、最後は「成功」する
ボウリングで言うと、まず基本の位置から投げる(Trial)

ピンが倒れる(Event)

ボールの軌道、ピンの倒れ方からフィードバック(情報)を得る(Feedback )

情報を分析する(Check)

立ち位置や投げる方向を調整する(Adjust)

そして、また投げます(Trial)

この繰り返しで、ボウリングは上達します。

上達するプロセスが楽しいから続いています。

考えるボウリング、楽しいですよ。

おわりっ!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

年間400冊の読書家。一児のパパブロガー。残業が嫌すぎてストレスチェックに引っかかる。大の釣り好きだけど全然行けていない。16万円かけて組み立てた週刊ロビを3回しか遊んでいないくらいには、飽きっぽい。 好きなことだけして生きていくためにブログを始める。ドローンが好き。瀬戸内DRONEWALKER所属。