1週間を6日として考えることで、情熱と活気を取り戻す

「時間がない」「忙しい」が口癖の人を見ると、ちょっとイラっとしてしまいます。

とにかく何でも効率化しないと気が済まない、のってぃ(@notthi)です。

時間がないのではなく、時間をなくしているのは、その人自身だからです。

どんな人にも一日は24時間で平等なのだから。

最近ぼくは、スケジュールに余白を入れるようになりました。

最初から「予備の時間」として枠を押さえておくのです。

1週間を6日として計画する

アーノルド・ベネット著、自分の時間 (単行本)から、一節を引用します。

長年の間、私は実際、40に近い歳になるまで1週間を7日として考えて計画を立ててきた。ところが、私よりも年上で人生経験の豊かな人たちから、『7日と考えるよりも6日として考えたほうが能率が上がり、より充実した生活ができる』と教えられることが一度ならずあったのである。 実際、現在の私は「自分で計画したことにも従事せず、その時々で気まぐれに思いついたことだけをやる日」を7日間のうちに1日設けている。

1週間のうち1日は、あまり予定を入れずに、思いつきで過ごしてみましょう。

普段と違う行動からヒラメキが得られるかもしれません。

著者は、「1週間のうち1日は、まったく空白の日にして、自由に過ごしてみよう」と述べています。

確かに、最初からスケジュールがギチギチに詰まっていたら、新しくひらめいたことを試す時間がないですからね。

小さな1歩から変える

「ささやかなことから始めよ」と心から私が忠告するのは、私自身、これがいかに難しいことであるかを知っているからである。

だから、何度もくり返して言わせてもらおう、『習慣を変えるなら、あまり大きなことを公言せず、さりげなく始めなさい』と。

スケジュールに余白を作るといっても、習慣を変えることは容易ではありません。

まずは小さな1歩から。30分ではなく5分、1分から始めましょう。

そもそも、カレンダーで時間を管理していない人はどうすれば好いでしょうか?

できるだけ、「やらないこと」を決めるのがおすすめです。

部屋を片付けるためには、モノを減らすのがポイントであるのと同じく、

時間を作るためには、やらなきゃいけないタスクを減らすのがポイントです。

おわりっ!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

年間400冊の読書家。一児のパパブロガー。残業が嫌すぎてストレスチェックに引っかかる。大の釣り好きだけど全然行けていない。16万円かけて組み立てた週刊ロビを3回しか遊んでいないくらいには、飽きっぽい。 好きなことだけして生きていくためにブログを始める。ドローンが好き。瀬戸内DRONEWALKER所属。