残業しないためには、まず、残業しないと決めること。


  • 思考が変われば、行動が変わる
  • 行動が変われば、習慣が変わる
  • 習慣が変われば、人格が変わる
  • 人格が変われば、運命が変わる
という言葉があります。

これは、普通に捉えるならば、行動を変えるためには思考を変えなければいけません。

しかし、その逆もあっていいじゃないですか。行動を先に変えることで、思考が変わってくることだってあります。

残業を減らしたい

どうすれば残業時間を減らせるか、と考えをめぐらせる事はとても良いことだと思います。

のってぃ
仕事中に考えすぎて手が止まってしまうことがありますけどね・・・(汗

しかし、考えているだけでは永遠に変わりません。

もしも、「早く帰りたい」と考えているのなら、早く帰ると決めることです。

そして、今、すぐに、今日から、行動を起こすことです。

変化を邪魔するモノ

自分の内面からの反発

行動起こそうとすると、必ず、否定的な考えが生じます。

どのような行動を起こす時も、否定的な考えは必ず生じます。

それは、人間が生きるために必要な本能だからです。

人間は生きるために、現状維持しようという本能が働きます。

これは難しい言葉では、恒常性維持機能やホメオスタシスと言うそうです。

例えば、夏の暑い日でも冬の寒い日でも、ヒトの体温は36度前後に保たれていますし、特に運動しなければ心臓の鼓動のペースは一定に保たれています。これは、「恒常性維持機能」によるものです。

誰にでも「否定的な考えは必ず起こるものだ」と知っていたなら、冷静に判断して自分の行動を選択することができます。

周囲の反応

また、周囲からの否定的な反応も起こるかもしれません。

「同僚から白い目で見られる」とか、「上司に小言を言われる」などです。

こちらも、現状維持しようという本能に基づいた行動だと思えば、深く気にすることなくさらっと流してしまうこともできそうです(現実はそんなに甘くないかもしれませんが)

特に、他人の反応や思考、行動はコントロールすることができませんので、考えるだけ無駄です。

ある程度割り切ることが必要です。

嫌われる勇気が必要ですね。

自由になりたければ、人から嫌われる勇気を持とう

2017.01.19

思考を変えてから行動を変えるのではなく、行動を変えてから思考したっていいじゃない

百聞は一見にしかずと言うことわざがあります。

100考えるよりも、1行動したほうが得るものは大きいという意味です(違う)

案ずるより産むが易しとも言います。

行動しながら考えればいいし、行動した結果からフィードバックをえれば良いのです。

残業しないためには、まず、残業しないと決めること

上司や同僚の顔色を伺っている時間、迷っている時間がもったいない。

さっさと帰りましょう。うん、そうしよう。

おわりっ!

会社で消耗するのは、もうやめにしよう。

2017.02.07







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

年間400冊の読書家。一児のパパブロガー。残業が嫌すぎてストレスチェックに引っかかる。大の釣り好きだけど全然行けていない。16万円かけて組み立てた週刊ロビを3回しか遊んでいないくらいには、飽きっぽい。 好きなことだけして生きていくためにブログを始める。ドローンが好き。瀬戸内DRONEWALKER所属。