ブクマ!でAmazonの価格を調べながら高速で出品する方法。

本のフリマアプリ「ブクマ!」で本を売っています。

フリマアプリマスターの、のってぃ(@notthi)です。

のってぃ
大量に本を売りたいけど、いちいち写真を撮って説明文も書いて出品する手間が面倒くさい!

という人へオススメなのがブクマ!です。

ブクマ!は、iOS版が2016年8月にリリース、Android版は2017年2月にリリースされました。

2017年4月現在で、累計出品数も20万冊を突破したとのことで、これからユーザーがどんどん増えれば、買う人がどんどん増えて賑わってきそうですね。

ブクマ!に出品する手順のまとめ

ブクマ!で本を出品するには、以下の通り。

  1. 本のバーコードをスキャン
  2. 販売価格を入力
  3. 商品の状態を選択
  4. コメントを入力
  5. 発送元の地域を選択(2回目以降は不要)
  6. 発送方法を選択(2回目以降は不要)
  7. 発送までの日程を選択(2回目以降は不要)
5〜7は、前回と同じであれば、選択する必要がありませんので、実質4ステップで出品可能です。

バーコードさえ読めれば、あとは手順に沿って入力するだけです。

価格の決め方

ブクマ!に本を出品するときに迷うのが、販売価格をいくらにするのか? です。価格さえ決まっていれば、出品作業はとてもスムーズです。

ぼくは販売価格は、同じようにアプリでバーコードで本を探すことができるAmazonマーケットプレイスを参考にしています。

Amazonマーケットプレイスに出品されている価格を見て、最安値付近に設定することで、安すぎず、高すぎない価格設定ができると考えました。

のってぃ
Amazonマーケットプレイスの送料込みの値段を参考にしています!

高速で出品する方法

手順は簡単です。

1台目のiPhoneでAmazonアプリを起動。

2台目のiPhoneでブクマ!アプリを起動。(iPadなどでも可)

1冊の本のバーコードをスキャンして、Amazonアプリを見ながら価格を決めて、ブクマ!に入力していきます。

あとは、出品の説明文を定型文として、辞書登録しておけば、高速で出品することができます。

「本」に特化していることで、写真を撮る必要が無いのがありがたいです。

本を売るならメルカリよりブクマ!と言われるくらいに成長してほしいですね。

おわりっ!

おまけ:ブクマ!の招待コード

これからブクマ!に新規登録する方は、招待コード[6EF73]を入力すると、50ptもらえますので良ければ是非。

300ptで買える本も多数出品されています。

フリマアプリ - ブクマ! 本のフリマでかんたん出品

フリマアプリ – ブクマ! 本のフリマでかんたん出品
開発元:Trista Inc.
無料
posted withアプリーチ







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

年間400冊の読書家。一児のパパブロガー。残業が嫌すぎてストレスチェックに引っかかる。大の釣り好きだけど全然行けていない。16万円かけて組み立てた週刊ロビを3回しか遊んでいないくらいには、飽きっぽい。 好きなことだけして生きていくためにブログを始める。ドローンが好き。瀬戸内DRONEWALKER所属。