【日記】人生が100年が当たり前になる時代。増えた時間をどう幸せに生きるのか?

100歳まで生きることが当たり前になる時代。

LIFE SHIFTという本によると、2007年に生まれた子供の半数が107歳まで、2014年に生まれた子供の半数は109歳まで生きる可能性があるそうです。

人生80年から人生100年時代へ。

増えた20年の時間をどう幸せに生きるのか?

お金(年金)の問題、健康の問題、仕事の問題が考えられます

年金支給年齢は上がる一方です。ということは、働く期間が長くなります。70歳や、80歳まで働くことが当たり前になるでしょう。

勉強して、就職して、退職後はゆっくりと余生を過ごす。そんな過去の人生設計は役に立ちません。

全く新しい解決法が求められています。

例えば、時間や場所に縛られない働き方、複数の仕事を持つ、複数の仕事を渡り歩く、などが普通のことになるでしょう。

仕事だけでなく、「仕事以外の時間」も増えた時間をどのように過ごすのか?

問われています。

何歳になっても、新しい知識を得て、新しい行動に踏み出すこと。「学習し続けること」が求められます。

学習のためのもっとも基本的な方法は、「本」です。

読書はいいですよ〜

私は本棚のすべての本をスキャン(自炊)してPDF化している途中です。

さようならS1500。本の電子化はScanSnap SV600だけでOKな理由

2017.11.09

ScanSnap SV600購入後2ヶ月で完全に生活の一部に

2017.04.19

一度スキャンしておけば、いつでもどこでもiPhoneで読むことができます。

「フォトリーディング」を使えば、1日100冊でも読むことができます。

インプット病にならないように、意識してアウトプットしていかないとなぁ







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

年間400冊の読書家。一児のパパブロガー。残業が嫌すぎてストレスチェックに引っかかる。大の釣り好きだけど全然行けていない。16万円かけて組み立てた週刊ロビを3回しか遊んでいないくらいには、飽きっぽい。 好きなことだけして生きていくためにブログを始める。ドローンが好き。瀬戸内DRONEWALKER所属。