本業、副業という考え方自体が、もう古いんだと気付こう。




本業とか副業とかもう関係ない。

今までずっと、「本業はサラリーマン」で、その他すべてのことは「副業」だと考えていました。

でも良く考えてみると、「サラリーマンが副業でもいいのでは?」という考えに至りました。

不思議とそれだけで、心が楽になったんですよね。

気づいてよかったなって思います。

本業の定義って?

本業の定義はあまり明確ではないようです。

「主とする職業」のことなので、一般的には、1番稼いでいるものや、1番長く時間を使っているものを本業と考えるのが普通と考えます。

お客にとっては本業も副業も関係ない

そもそも、本業とか副業とか、お客にとっては全く関係ないですよね。すべての仕事には本気で取り組むべきです。

その中でも、自分が1番好きなことを本業だと考えても良いのではないでしょうか?

私はサラリーマンを「副業」に格下げします。

それは、サラリーマンの仕事にはワクワクしないから。

理由はありません。

「自分がワクワクしないから」ただそれだけ。

もっとワクワクすることを「本業」と自信を持って言えるように、日々精進していきます。

それはブログを書くことかもしれませんし、釣りに行くこと、ボウリング、ドローン・・・

とにかくやってみなけりゃ分かりません!

思いついたこと全部やってみる!が今の目標です。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

魚釣りとドローンが好き。社畜が嫌いなダメリーマン。読書と自炊は生活の一部です。最近の興味→メルカリ、本の自炊、仮想通貨、ブログ。釣り×ドローンで面白いことを模索中。VALU→ https://valu.is/notthi