【断捨離】モノを捨てないと思考が自由にならない。こんまり流片付け実践中。

いまぼくは、ものすごい勢いでモノを処分しています。

モノが少なければ少ないほど、自由になっていきます。

なぜかというと、決断する回数が減るからです。

断捨離について、考えてみました。

なぜモノを処分しているの?

究極の目的は、「自分が好きなこと」を見つけることです。

モノを限界まで減らして、空間をシンプルにすることで、無駄な思考を排除できます。

その結果、素直に、「自分の感情に向き合えるようになる」と考えています。

モノはどういう基準で処分するの?

モノを処分する際の基準。

キーワードは、「トキメキ」です。

「今、ときめく」かどうかで判断して、

「またすぐ買えるもの」であれば、迷わず処分します。

「もう手に入らないもの」であれば、思い出品ということで、一旦保留としています。

「思い出品は最後に片付ける」というのが、こんまり流です。

処分するというのは、「捨てる」でも構いませんし、「フリマアプリで売る」というのでも良いです。

「メルカリ」などを使うと、思った以上に高値で売れることがあるので、楽しいですよ。

ものを減らしてどうなりたいの?

モノを究極に減らして、その先に描く未来は、

「何もない生活」です。

ミニマリストというのかな。

言い換えると、ワクワクするモノだけに囲まれた生活。

何事にも思考を邪魔されることのない生活。

ホテルの部屋のような、究極にモノが少ない生活の実現が、今年の目標です。

課題は、数百冊ある本をどう処分していくかですね。

全てスキャンして残しておくというのは、諦めるかな〜?







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

年間400冊の読書家。一児のパパブロガー。残業が嫌すぎてストレスチェックに引っかかる。大の釣り好きだけど全然行けていない。16万円かけて組み立てた週刊ロビを3回しか遊んでいないくらいには、飽きっぽい。 好きなことだけして生きていくためにブログを始める。ドローンが好き。瀬戸内DRONEWALKER所属。