ビットフライヤーが急激なユーザー数増加でカスタマーサポート対応に遅延発生!

ビットコイン取引所のビットフライヤー(BitFlyer)から昨日届いたメールです。

現在、急激なお客様数の増加によりカスタマーサポート対応が遅延しております。当社サービスをご利用いただいているお客様に、ご不便をお掛けしていることをお詫び申し上げます。

むむ!

「急激なお客様数の増加」とな?

数千人〜数万人規模で新規顧客が流入しているのかもしれません。

なぜ、ビットコインを買いたい人が急増したのか?

推測ですが、2017年5月31日にスタートした、「VALU」というサービスが影響していそうです。

なぜなら、VALUを使いこなすには、ビットコインを買わなければいけないからです。

(規約上、VALU内ではビットコインを買うことができません)

VALUとは、「個人が株式公開できるサービス」です。といっても株式のことを知らなかったら理解できないですよね・・・

言いかえると、VALUとは「応援したい人を直接(お金で)応援できるサービス」です。ただし、現金を渡すのではなく、ビットコインで仮想的な株式(VALU)を買うことになります。

プロジェクト単位で支援者からお金を集める、「クラウドファンディング」というサービスもあります。

クラウドファンディングの個人版が、VALUと考えても良さそうです。

VALUを知ったぼくの行動

ぼくがVALUのことを知ったのは、2017年6月4日の朝です。

その場ですぐに登録して、「面白そう!」と直感で思いました。

次の行動は、「ビットコイン買わなきゃ!!」でした。

その時は1ビットコイン29万円弱でしたが、迷わず10万円分のビットコインを買いましたね。

VALUというサービスが今後ブームになると、ビットコインを買う人が増えると考えたからです。

同じように行動する人がたくさんいるかも?と考えて買ったのですが、今のところは買って正解のようです。

新しく参入する人は少なからずビットコインを買うでしょうから、今後もしばらくは値上がりが期待できるかな?

ビットフライヤーはこちら

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ぼくは、できるだけリスクを取りたくないので、一番大きな取引所のビットフライヤーを使っています。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

年間400冊の読書家。一児のパパブロガー。残業が嫌すぎてストレスチェックに引っかかる。大の釣り好きだけど全然行けていない。16万円かけて組み立てた週刊ロビを3回しか遊んでいないくらいには、飽きっぽい。 好きなことだけして生きていくためにブログを始める。ドローンが好き。瀬戸内DRONEWALKER所属。