【宣言】2017年中に時間とお金の不安から解放されて自由になります。

のってぃ
時間とお金の自由を手に入れたい!

 

理想の生き方

「メキシコ人の漁師の話」を聞いたことがありますか?

とあるメキシコ人の漁師は、海岸近くの小さな村に住んでいました。

陽が高くなったら漁に出て、自分が食べるぶんだけの魚を取ります。

漁から帰ると、子どもと遊んで、女房とシエスタして、友人たちと酒を飲んで歌を歌って、暗くなったら寝ます。

そこへ通りかかったアメリカ人の旅行者が、漁師に提案します。

旅行者「あなたの採った魚は素晴らしい。もっと長い時間漁をするべきだ。」

漁師 「するとどうなるの?」

旅行者「そうすれば、もっとお金が稼げる。稼いだお金で、船を買うんだ。漁は部下に任せて、君は社長として指揮をとる。」

漁師 「それで?」

旅行者「どんどん会社を大きくして、ロサンゼルス、ニューヨークへ進出していくのさ。」

漁師 「そこまでいくのに、どれくらいかかるの?」

旅行者 「20年、いや25年でそこまでいくね。そうしたら最後には株を売って、君は億万長者になるのさ」

漁師 「億万長者になると、どうなるの?」

旅行者「それはもう素晴らしい生活が待っているさ。まず海岸近くの小さな村に引っ越すだろう? 好きなときだけ漁に出て、漁から帰ると子どもと遊んで、女房とシエスタして、友人たちと酒を飲んで歌を歌って、暗くなったら寝るのさ。」

漁師「それって今と同じだよね?」

・・・

・・・

あなたは何のために働いているのでしょうか?

幸せって何なんだろう、って考えされられますよね。

人生の3分の1は仕事?

ぼくは今、会社で9時間ほど働いています。行き帰りの時間を含めると、10時間。

起きている時間の半分を使っていることになります。

「人生の3分の1は睡眠」と言いますが、同じく「人生の3分の1近くは仕事」をしています。

仕事の時間が楽しくないって、最悪ですよね。

お金と時間の制約から自由になりたい

お金と時間にから自由になるためには、まず、生産性を最大限まで高める必要があります。

サラリーマンでいる限り、労働時間の生産性を高めるには限界があります。

かといって、すぐに起業しようなどと考えたところで、露頭に迷うのがオチでしょう。

次に、生産性を高めるための方法について考えてみます。

サラリーマンに向いてない

今の会社は、11年勤めましたが、正直飽きてきました。

はたから見れば、とても恵まれている環境だということはわかっています。

(有給休暇はあまり取れませんが)土日は休みです。

ボーナスもそれなりに頂いています。

人間関係も

人間関係も、一部を除き良好です。

ただ、ぼくはきっとサラリーマンに向いていないんだろうなって思うことがあります。

おそらくぼくは、自分の力を試したいのだと思います。数値として自分がやったことの「結果」が出ることでやる気が出るたいイプです。

33年間生きてきて、少しだけ自分のことがわかってきました。

もし、辞めたとしてどうするのか

妻がいます。

2018年には子どもも生まれます。

無収入になるわけにはいきません。

わがままですが、リスクはできるだけ避けたいです。

3種類の変化のきっかけ

人生を変えるためには、3つの変化がきっかけとなります。

  • 住む場所を変える
  • 時間配分を変える
  • 付合う人を変える
この3つです。

住む場所を変える

これは、簡単ではありません。ただ、いつでも動けるような準備は着々と進めています。

いわゆる断捨離です。

本は全て電子化を進めています。

その他、生活に必要最小限なものだけ残して、すべてを手放す予定です。

お金で手に入るものは、手放してもまた買えばよいですからね。

時間配分を変える

起きる時間と寝る時間。仕事の時間などですね。

今年から、起きる時間を6時から4時代に変えました。

寝る時間は23時半から、22時代に変えました。

仕事の時間はできるだけ減らして、定時過ぎに帰るようにしています。一部人間関係が良好ではなくなってしまいましたが……

人生における優先順位を考えると、やはり、家族>>>仕事なわけです。

付合う人を変える

最後はこれです。一言でいうと、「転職しよう」となります。

これだけ宣言しておいて、2017年中にぼくが何も行動しなかったら、年末に笑ってやってください。

のってぃ
(転職するって決めたわけではないです)

おわりっ!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

年間400冊の読書家。一児のパパブロガー。残業が嫌すぎてストレスチェックに引っかかる。大の釣り好きだけど全然行けていない。16万円かけて組み立てた週刊ロビを3回しか遊んでいないくらいには、飽きっぽい。 好きなことだけして生きていくためにブログを始める。ドローンが好き。瀬戸内DRONEWALKER所属。