朝スムーズに起きるたった1つのコツ

おはようございます。

5時起きブロガーの、のってぃ(@notthi)です。

朝スムーズに布団から出られるようにするための、たった一つのコツは、

のってぃ
寝室にスマホを持ち込まないこと!

です。

スマートフォン(iPhone)はリビングに置いたまま寝るようにしています。

枕元にスマホを置いていると、寝起きに必ずスマホを開きますよね?

すると120%の確率で必ず、Twitterを開いたりネットニュースを見たり、最悪の場合はネットサーフィンを初めてしまい気付けば1時間・・・なんてことになってしまうはず。

本来やりたいと思っていた行動とは程遠い結果が待っています。

寝室は、寝るだけの場所にする

朝起きる以外にも、寝る直前までスマホをみていると、ブルーライトの影響で眠りにくくなるという弊害もありますね。

寝室は「寝るだけの場所」にするのがオススメです。

目覚ましはかけないか、スマートウォッチで

ぼくは目覚ましは使っていません。「スマホを早く見たい」という気持ちを利用して、目覚めた時に布団から起き上がりやすくしています。

目覚ましをかけたい場合は、Apple Watchを使っています。Apple Watchにも通知は来るのですが、今のところは睡眠に悪影響はなさそうなのと、睡眠のログを取るためにつけたまま寝るようにしています。

まとめ

ぼくはスマートフォンをリビングに置いたまま寝るようにしてから、

寝起きに布団の中でダラダラする行動を8割方、防げるようになりました。

シンプルですがパワフルな習慣だと思います。

おわりっ!

朝5時半起きの習慣を読んで、早起きを続けるコツを学ぶ

2017.01.28







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2歳と0歳2人のパパ。仕事にも、育児にも、自分の趣味にも全力。すべてを自由にはできないけれど、自由を追い続けたい。毎日を遊ぶように人生を楽しみたい。 趣味でブログ『遊ぶように生きよう』を運営。 釣り、ドローン、ガジェット、読書などについて、毎日楽しく発信中。瀬戸内DRONEWALKER所属。