新幹線にギリギリ間に合った話と、ドーパミン不足の関係について考えてみた




この記事は、福山から東京へ向かう始発の新幹線の中で書いています、のってぃ(@notthi)です

朝から大慌てで支度して、なんとかギリギリ新幹線に滑り込みセーフ!だったのですが、

ふと、「なんでそんなにギリギリを目指してしまうのだろう? 」と思って、考えてみました

なぜか、締切ギリギリを目指してしまう自分がいる

今朝の出来事。2泊3日の出張だというのに、着替えをスーツケースに詰めずに寝てしまった。寝るギリギリまでiPhoneアプリ(Drafts)の設定をいじっていたので、最低睡眠時間の6時間が確保できるギリギリの時間になってしまった

スーツケースに着替えを詰めるかどうか迷ったけれど、朝起こしてくれる人がいないので、睡眠時間を優先して、寝ることに。

朝は予定通り4時半に起きることができたけれど、本当にギリギリ。いつも通り味噌汁と目玉焼きを作って、納豆ご飯。食べ終わって食器を片付けたら、新幹線発車まであと45分。家を出るリミットまで15分

今回ばかりは本当に間に合わないかと思ったけれど、本当にギリギリ、間に合った

そして思った

のってぃ
ぼくは何のためにギリギリを目指していたんだろう?

ギリギリを攻めて上手くいくと、嬉しい。ドーパミンが出るので気持ちいい

ギリギリを攻めて、間に合うと、嬉しい。興奮する

嬉しいということは、ドーパミンがどばどば出る。だから気持ちいい

ということは・・・

ドーパミンが不足しているのかもしれない

何気なく、「普段の生活でドーパミンが足りてないのかな?」ってふと思いました

調べてみると、ドーパミンとは喜びを司るホルモン。

ドーパミンは、喜びや快楽を司るホルモンです。夢中になったり感動しているときなどに、快楽物質であるドーパミンが分泌されます。学習や運動機能、性機能、向上心などに関係し、達成感による快楽を得ることで、さらなる意欲をもたらします。

強いストレスを受けると、解消のために気晴らしをしたくなり、お酒やグルメなどに走りがちですが、これは快楽物質であるドーパミンを分泌させようとする行動と考えられます。しかし、分泌が過剰になると、アルコールや買い物、ギャンブルなど、別の形で快楽を得ようとしてコントロールがきかなくなる依存症に発展するリスクがあります。

上の引用は、こちらの記事から→脳内で働くアドレナリン、ドーパミン、セロトニンの役割

普段からもっと自分を喜ばせよう

何が言いたいかというと、普段の生活に刺激が足りないのかもしれないなって。

どういうことかというと、

興奮したり、感動したりといった、感情の起伏が少ないので、ドーパミンが不足している

だから、

ドーパミン不足を解消するために、時間ギリギリを攻めてしまっている自分がいる

逆に考えると、

こんな不要なリスクを背負わなくても、日常生活でドーパミンが足りていればいいはず

それならば、生活習慣を見直せばいいじゃないか!

というわけで、「1日最低30分は、自分を喜ばせる時間を意図的につくる」を新たな習慣に加えてみようと思います

ギチギチにタスクリスト・スケジュールを作って、自分を締め上げても、どこかで反動が出てきます

のってぃ
もっと自分をいたわってあげなきゃ!

と思った朝でした。

おわりっ!

おまけ

1日の中に余白の時間を作るという手法は、メンタリストDaigoさんの本の251ページくらいにも載っています

前述した「週の2日間を余白の時間」にする、とは別に1日のなかで「あえて捨てる時間帯を持つ」というメソッドもあります。 これも私が毎日やっている方法で、「怠けタイム」と名付けています。仕事に追われるどんなに忙しい1日でも、必ず怠ける時間をつくるという習慣です。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

魚釣りとドローンが好き。社畜が嫌いなダメリーマン。読書と自炊は生活の一部です。最近の興味→メルカリ、本の自炊、仮想通貨、ブログ。釣り×ドローンで面白いことを模索中。VALU→ https://valu.is/notthi