10年間やってきた仕事が、実はそんなに好きじゃないと気づいてしまった。さてどうする?




仕事に集中できない

自分が10年間やってきた仕事(新商品開発・設計業務)にモチベーションが上がらなくて困っています。

周囲からは、「甘えるな!」とか「真面目にやれ!」という声が聞こえます。

真面目にやろうとすればするほど、頭が混乱して、手が止まってしまう・・・

まったく仕事に集中できない状態が続いています。

困ったなぁ。

そして気づいた

気づいてしまったのです。

「10年間やってきた仕事が、そんなに好きではないかもしれない」

・・・

衝撃の事実。

認めたくない。

さてどうする?

選択肢1

諦めて、今のまま妥協する。

「まあそんなもんかな」と、軽く流す。

普通そうですよね。

仕事は、「好き」とか「嫌い」じゃなくて、

「やらなきゃいけないこと」ですから。 普通は。

しかし、

ぼくは「普通」とか「みんなと同じ」はイヤです。

子どもの頃から大嫌いです。

選択肢2

自分の感覚を信じて、もがいてみる。

10年間やってきた仕事が、そんなに好きじゃなかったと認めることは、とても苦しいこと。

過去の自分が全否定されたような気持ちになります。

「今まで頑張ってきたのに」

「せっかくここまで来たのに」

そんな考えが邪魔をします。

でも答えはひとつ。

「いま、楽しくない」という自分の感覚。

これだけは、ウソじゃない。

自分の気持ちにだけは、ウソをついちゃダメ。

自分の「好き」を信じる

過去を切り捨てることは、過去を認めること、そして許すこと。

何も後悔する必要はなくて、ただ、事実があるだけ。

実際には過去が消えてしまうわけではなく、捨ててしまうわけでもありません。

自分の中に確かに存在していて、今の自分を構成する血や肉になっています。

ありのままの過去を見つめて、ただ過去にとらわれることなく、今の自分の「好き」をを実行すればいいのです。







1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    魚釣りとドローンが好き。社畜が嫌いなダメリーマン。読書と自炊は生活の一部です。最近の興味→メルカリ、本の自炊、仮想通貨、ブログ。釣り×ドローンで面白いことを模索中。VALU→ https://valu.is/notthi