書籍を送る場合の、ゆうゆうメルカリ便とラクラクメルカリ便の使い分け。プチ裏ワザもあるよ。

仕事の合間にメルカリで書籍400冊を売り上げた、メルカリマスターの、のってぃ(@notthi)です。

結論から言うと、書籍はほぼすべて「ゆうゆうメルカリ便」ゆうパケットで発送しています。

ゆうゆうメルカリ便(ゆうパケット)

  • 175円(匿名配送で最安)
  • 梱包後3センチまで対応
  • 郵便局またはローソンから発送
欠点としてはPCからは購入できず、アプリからしか購入できません。(2018年4月現在の情報)

なので、出品時は「らくらくメルカリ便」に設定しておいて、売れた後に「ゆうゆうメルカリ便」に切り替えることで対策可能です。

らくらくメルカリ便(ネコポス)

  • 195円
  • 梱包後2.5センチまで対応
  • ヤマト営業所またはファミリーマートから発送
ゆうゆうメルカリ便が対応可能サイズが広くて価格も安いので、あえてネコポスを使う理由は無くなってしまいました。

今では全く使っていません。

らくらくメルカリ便(宅急便コンパクト)

  • 380円
  • 厚さ5センチまで対応
  • 専用BOXが必要(メルカリストアで62円/1個)
  • ヤマト営業所またはファミリーマートから発送
  • 自宅まで集荷も可能(30円/1個)
3センチを超える書籍は、宅急便コンパクトで発送しています。

かなりの地域で翌日配送。さすがクロネコヤマトです。

ただし、料金が380円かかるので、それ以上の価格で売れないと使えません。

実際に使い分けてみての感想

正直なところ、価格が同じであれば、らくらくメルカリ便を使いたいです。

配送についての安心感はヤマトの方が上です。しかし、安さには代えられません。

1冊20円の差額だとしても積み上がると大きいです。

厚みが3センチまでOKというのも、ゆうゆうメルカリ便を使う理由です。

特に書籍は微妙に2.5センチを超えてしまうものが多くありますが、3センチだとビジネス書の大半が発送可能です。

3センチを超える書籍を175円で発送する裏ワザ

ハードカバーの書籍など、3センチを微妙に超えてしまう本は、中央付近で見開きの状態で梱包することで、厚みを抑えて発送することが可能です。

例えば、MAKERS。ハードカバー版では微妙に3センチを超えますが、開いて梱包することで、厚み3センチ以下に抑えつつ、A4サイズ以下となりゆうパケットで発送可能でした。(実体験)

ただし、開いたまま梱包することで本に折り目がついてしまうので、事前に購入者の了承を取っておいた方が無難です。

まとめ

書籍の発送は「ゆうゆうメルカリ便」1択!

3〜5センチの場合はらくらくメルカリ便宅急便コンパクト。

裏ワザで厚みを抑えることもできるよ!ちょっと折り目がつくけどね。

おわりっ!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

年間400冊の読書家。一児のパパブロガー。残業が嫌すぎてストレスチェックに引っかかる。大の釣り好きだけど全然行けていない。16万円かけて組み立てた週刊ロビを3回しか遊んでいないくらいには、飽きっぽい。 好きなことだけして生きていくためにブログを始める。ドローンが好き。瀬戸内DRONEWALKER所属。