GPS付きで超安定飛行なのに、200グラム以下で航空法規制対象外のドローンを購入しました。




ドローン練習用に、HUBSAN X4 DESIRE H502Eを購入しました。

今までは1万円以下の室内用トイドローンしか持っていませんでした。今回、初めて屋外で飛ばせる大きさのドローンを購入しました。

「HUBSAN X4 DESIRE H502E」という機種です。

何がすごいかというと、改正航空法の規制対象外となる200グラム以下でありながら、GPSを搭載しており、少々の風が吹いていてもその場にとどまる安定飛行ができるのです!

先日友人に、16万円する高級ドローンを触らせてもらいましたが、風が吹いている中での安定飛行に驚きました。

GPS非搭載のドローンでは、風に対処するだけで精一杯で、自由に飛ばす余裕がないため、少々高いですが、屋外で自由に飛ばすために購入に踏み切りました。

今週末はテスト飛行も兼ねて、桜を撮影しに行こうと考えています。

購入したドローン(技適の有無に注意)

今回購入したのは、ハイテックから出ているもの。「技適あり」で、予備バッテリーが1個付いています。

同様に、ジーフォースから発売されているものも、「技適あり」ですので、堂々と使えます。

ただし、同じ機体(H502E)でも、半額くらいのものが販売されていますが、こちらは、「技適なし」なので、日本国内では飛ばさない方が良いでしょう。値段は高いですが、やはり「技適あり」の方が、安心して飛ばすことができます。

開封の儀

箱をオープン!内容物は、以下の通り。MicroSDカードは付属していないので別途購入しました。ジーフォースから販売されているものは、予備バッテリー無しで、MicroSDが付属しています。

  • 本体
  • コントローラ
  • バッテリー(2個)
  • 充電ケーブル
  • プロペラ(右回転左回転それぞれ4枚)
  • プロペラのネジ(右ネジ左ネジそれぞれ4本)
  • ドライバー
  • 日本語マニュアル

マニュアルを見ながら、プロペラを組み立てます。

が、右ネジと左ネジの説明がありません・・・

ネットで日本語マニュアルをダウンロードしましたが、右ネジと左ネジの説明が逆になっています・・・

ここは、エンジニアの経験と勘で、組み立てます。

銀のネジが、右ネジなので、右回転のプロペラAに使います。

黒のネジが、左ネジなので、左回転のプロペラBに使います。

ネジは接着剤付きなので、結構硬くて苦労しましたが、無事プロペラを取り付けできました。

機体正面には、720p動画が撮影できるカメラが付いています。ただし、画質はそれほど期待できません。。。後日youtubeにアップ予定です。

機体側面には、MicroSDの挿入口があります。

バッテリーは、機体後方から挿入します。リポバッテリーなので、過充電や過放電に注意が必要です。満充電のままの長期保管も厳禁です。気をつけなきゃ。

コントローラは技適シール付き。このシールのためだけに、1万円も高いなんて・・・しかし、法律はまもらなきゃ。

コントローラは、単4電池4本を使用します。

機体重量は?

バッテリー込みで、149.9グラム!

一緒に購入したもの

予備バッテリー2個と、MicroSDカード32GB。

ドローン一式がちょうど入るハードケース。

飛ばすのが楽しみです!!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

魚釣りとドローンが好き。社畜が嫌いなダメリーマン。読書と自炊は生活の一部です。最近の興味→メルカリ、本の自炊、仮想通貨、ブログ。釣り×ドローンで面白いことを模索中。VALU→ https://valu.is/notthi