マイクロビジネスを100個作ろうと思う




月1万円稼げるビジネスを100個持ったら月収100万円じゃない?

そんな軽い思いつきで始めます。

一度しかない人生、全力で遊ばないと(愉しまないと)勿体無いよね!というのが持論です。

マイクロビジネスを作ろうと思い立った理由

会社にいても将来は不安

今は会社勤めをしていて、毎日疲弊する代わりに、20数万円のお給料をいただいています。設計的な業務なので、将来的にもすぐには無くならないかもしれません。これは大きなメリットです。

ただし逆に考えると、会社員でいる限り、爆発的に収入が増えることはありません。現実的に考えて、20年経っても今の2倍がいいところでしょう。

それではやりたいことが多すぎて全部できません!

お金があれば自由度が増える

「年収1000万」という響きに単純に憧れます。決して、お金があれば幸せになれるわけではありません。幸せになるためにお金が必要なのではありません。ただ、確実にできること(選択肢)が増えます。

「選択肢が増える」ことは、「自由度が増える」ことに繋がります。

マイクロビジネスとは?(1万円起業)より

クリス・ギレボー氏の「1万円起業」によると、マイクロビジネスとは、以下の4つを満たすもののことです。

  • 初期資金・・・1万円程度〜10万円
  • 利益・・・年間500万円〜
  • 資格や特別な技能・・・不要(誰でもできる)
  • 人数・・・ごく少人数または自分1人

ただ、500万稼ぐ!ような大きなものではなく、月1万円を目標に、簡単に始められるもの、リスクのないものから始める予定です。

マイクロビジネスの2つの条件

共通部分の原則

「自分の情熱」と「他人の興味」が重なった部分がビジネスになります。

「自分の情熱」とは、単純に「好きなこと」です。

「他人の興味」とは、他人が喜んでお金を払うほど強い関心があることです。

この二つが重なるところを見つければ、ビジネスになります。

スキルを転用する

「自分が得意だと思っていること」は、他人から見れば、別のことに役に立つことがあります。

人は自分では自分の優れているところが見えません。なぜなら、「自分にとっては普通のこと」だからです。

これは、他人にアドバイスしてもらうことがポイントです。複数人で、互いの良い所、やビジネスになりそうな所を言い合うと良さそうです。

マイクロビジネスの立ち上げに必要な3つのこと

とてもシンプルです。マイクロビジネスの立ち上げに必要なことはたった3つです。

  • 製品またはサービス・・・売るもの
  • 代金を払ってくれる人びと・・・顧客
  • 支払いを受ける手段・・・決済方法

会社を辞めるの?

起業の話をすると、「会社を辞めるの?」と聞かれます。

辞めたいか辞めたくないかで言えば、「辞めたい」のが本音です(爆

ただ、リスクとリターンを考えた時に、今すぐ辞めることは得策ではないでしょう。

会社には悪いですが、「定時マン」として働かせてもらえる限りは、会社勤めをしながら、マイクロビジネスを増やしていこうと考えています。

定時マン・・・定時で帰るサラリーマン

時間をどうやって捻出するか?

会社員であることは、メリットもあります。拘束時間と、休日がはっきり分かるということです。

考えて見れば、平日は5時間程度、自由時間を作ることができます。もちろん、家族サービスや自分のための娯楽の時間も必要ですので、5時間全てをビジネスに充てることはできません。

ただ、朝晩30分ずつと、休日に少しまとまった時間をとることで、十分ビジネスをすることが可能です。

このことは、新井一さんの「朝晩30分 好きなことで起業する」に詳しく書いてあります。

「好きなこと」の見つけ方は、別途記事にする予定です。

まとめ

  • マイクロビジネスを100個作る!
  • 初期投資不要で撤退リスクなし!
  • 1万円×100個で月収100万円を目指す!
  • 「好きなこと」をビジネスにする!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

魚釣りとドローンが好き。社畜が嫌いなダメリーマン。読書と自炊は生活の一部です。最近の興味→メルカリ、本の自炊、仮想通貨、ブログ。釣り×ドローンで面白いことを模索中。VALU→ https://valu.is/notthi