Apple Watch Series5のバッテリー持ちは、常時表示だとちょっと心許ない。

Apple WatchをSeries3からSeries5に買い換えて、5ヶ月ほど使いました。

iPhone11ProMax、iPadPro11(2018)に続き、最新のアップル製品を入手しました。

iPhoneとiPadは圧倒的にサクサクでバッテリー持ちも良く、ストレスフリーで満足度は高いですが、Apple Watch Series5はバッテリー持ちに多少不安なところが残っています。

というわけでApple Watch Series5を使ってみて、バッテリー持ちについて思ったことです。

5ヶ月間Apple WatchSeries5を使ってみてバッテリー持ちについてわかったこと

  • 睡眠開始〜帰宅まで使用するために、毎日1時間程度は充電が必要。
  • バッテリーは18時間は安定して持つ。
  • 睡眠中に15%くらいバッテリーが低下する
  • 日中6時〜21時の使用で70%程度バッテリーが低下する

Series3では入浴の時間のみ30分程度充電していれば、毎日バッテリー残量を気にすることはなかったのですが、

Series5だとバッテリーが20〜30%まで低下していることが多く、入浴時間のみの充電では追いつきません。

仕方なく夕飯〜就寝時まで2時間程度は充電するようにしています。

日中18時間程度使用できるのでそれほど問題はないのですが、

やはりちょっと不安が残ります。

Series3の時はバッテリー残量はまったく気にしなかったのですが、Series5になってからは、画面にバッテリー残量を常時表示しています。

時々バッテリー持ちが急に悪くなることがある

寝て起きるまでの7時間で50%くらい減っていることも。

何かのアプリが悪さをしているのかもしれませんが、原因はわかりませんでした。

Apple Watchを再起動することで、改善することもありますが、いつのまにか直っている事が多かったです。

バッテリー持ちの改善策はシアターモード

バッテリー持ちを改善する対策としては、「シアターモード」を活用しています。

シアターモードは人の顔が二つ並んだようなボタン(黄色)を押すとオンになります。タップするまでは画面が点灯することはありませんので、バッテリーを節約できます。

睡眠時にシアターモードをオンにすると、15%のバッテリー低下が5〜8%程度まで良くなります。

計算上、常時点灯をオフにすると2倍くらいバッテリーを持たすことができそうですが、

せっかく便利な常時表示液晶なので、ずっとシアターモードにするのはもったいないですね。

シアターモードにすることで、18時間→30時間くらいになりますので、Series3と同じくらいのバッテリー持ちになります。

バッテリーが30時間程度持つのであれば、シャワー浴びる時間+αくらいの充電時間でバッテリー残量を気にしない生活ができそうですね。

通知の回数はそれほどバッテリー持ちに影響しない

仕事でSlackを使い始めたり、Twitterからの通知が増えたりしていますが、バッテリー持ちにはそれほど影響はないように思います。

通知がきた時にチラッと画面を見るだけで、Apple Watch自体で何かをしたり、音楽を聴いたりはしていないからかもしれません。

まとめ

のってぃ
もうちょっとだけバッテリー持ちが改善されれば、ぼくにとってはパーフェクトなスマートウォッチになりそうです。

おわりっ!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2歳と0歳2人のパパ。仕事にも、育児にも、自分の趣味にも全力。すべてを自由にはできないけれど、自由を追い続けたい。毎日を遊ぶように人生を楽しみたい。 趣味でブログ『遊ぶように生きよう』を運営。 釣り、ドローン、ガジェット、読書などについて、毎日楽しく発信中。瀬戸内DRONEWALKER所属。