【自炊】本をすべて自炊(電子化)することに決めました。

自炊とは、紙の本をスキャンして、PDFなどに変換して、電子化することです。

のってぃ
すべてPDF化してしまうと、iPhoneやiPadで読み放題で楽しめます!

2011年〜2012年頃にブームになっていて、「自宅の本棚をすべて自炊しました!」という人もいました。

ぼくは2017年から自炊にはまって、家中の本を片っ端からスキャンしています。

 

自炊のメリット

本棚の場所が不要になる

今はアパート暮らしなのですが、アパートには収まりきらない大量の本が実家に眠っています……

実家の本棚↓↓↓

おそらく1000冊ほどの本が読まれることがないまま眠っていると思います。

これを1%でも活用できたなら!

これらをすべて自炊すれば、実家の本棚スペースも片付きますし、アパートに持ってくることができます(デジタルデータとして)

いつでも見れる

自炊して電子化することで、すべての本をiPhoneやiPadでいつでもどこでも、見ることができます。必要なのは、iPhoneなどの端末と、『i文庫S』などのPDFを表示するアプリ、そしてインターネット接続環境です。

ページめくりが早い

これは、私の環境(iPhone7でi文庫S使用)においてですが、ページめくりが快適、めちゃくちゃ速いです。

毎秒3〜4ページめくることができます。

これは、高速でフォトリーディングするには十分な速さです。

10倍速く本が読める!? フォトリーディングの5ステップ

2017.01.29

自炊のデメリットは?

専用の道具が必要

本を自炊するには、本をスキャンするスキャナーと、本をバラバラに裁断する裁断機が必要です。

これは、2011年ごろのブームの頃に、「Scansnap」と本を裁断する「裁断機」を購入済みなので解決済です。

時間と手間がかかる

これは事実です。1冊を裁断して、スキャンして、PDF化を完了するまでには、約15分ほどかかります。

ただし、今の私にとっては、この時間投資よりもメリットの方が大きいと考えています。

横長の本などは読みにくくないのか?

最近?流行りの横長の本。

iPhoneで読みにくくないのか試してみたところ、画面を横にして1ページずつ表示することで問題なしと判断しました。

また、i文庫Sの余白カット機能を使うことで、大抵の本は、1ページ表示のまま読むことができます。

どうしても読みにくければ、iPadやiPad Proを買えば良いと判断しました。

本を探しにくくないか?

本棚をぼーっと眺めていて、「これだ!」という本を偶然発見することがあります。

電子化した場合は大丈夫なのでしょうか?

スキャンした本達をi文庫Sで表示した状態↓↓↓

はい、むしろリアルの本棚で背表紙だけ見るよりも、分かりやすいですね。

しかも、キーワード検索で本を探すことができますし、本の中身もキーワードで検索して探すことができます。

まとめ

のってぃ
自炊、サイコー!

おわりっ!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2歳と0歳2人のパパ。仕事にも、育児にも、自分の趣味にも全力。すべてを自由にはできないけれど、自由を追い続けたい。毎日を遊ぶように人生を楽しみたい。 趣味でブログ『遊ぶように生きよう』を運営。 釣り、ドローン、ガジェット、読書などについて、毎日楽しく発信中。瀬戸内DRONEWALKER所属。