ロイヒトトゥルム1917のバレットジャーナル専用ノートを買いました

バレットジャーナルを2019年6月から書き始めて、8月からほぼ毎日書いています。

十分に活用できているとは言い難いですが、

少しでも時間に余裕を作って、日記を書くことを習慣づけできている点については、自分で自分を褒めたいと思います。

1年目は、効果があるか、続けられるか不安だったので、安めのノートを使いました。

バレットジャーナルでは、1年の始まりでは気分を一新するためにノートを新しくすることが推奨されているので、

2020年は新しいノートに切り替えることにしました。

バレットジャーナル専用のノートです。

バレットジャーナル専用ノートのメリット

何がいいかというと、

専用ノートなので、インデックスページとフューチャーログのページが最初から用意されています。

バレットと呼ばれる記号の説明やバレットジャーナルの書き方についての説明も(英語ですが)載っています。

しおり紐も3本ついていて、使いやすくなっています。

(通常のロイヒトトゥルム1917は紐が2本のようです)

しおり紐が3本あると、インデックス&マンスリーログ&デイリーログ、のようによく使うページを網羅することができますね。

バレットジャーナル専用ノートのデメリット

のってぃ
値段が高い!

私は1週間で2ページくらいしか使わないので、おそらく1年で1冊ペースになると思いますが、1日に書く分量が多くて何冊もノートを使いそうな人はもう少しコスパの良いノートを探した方が良いかもしれません。

まとめ

すでに買ってしまったので、手帳の値段分はしっかりと活用して、昨年以上に仕事も趣味も家庭も子育ても充実させて密度の濃い1年にしようと思います。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2歳と0歳2人のパパ。仕事にも、育児にも、自分の趣味にも全力。すべてを自由にはできないけれど、自由を追い続けたい。毎日を遊ぶように人生を楽しみたい。 趣味でブログ『遊ぶように生きよう』を運営。 釣り、ドローン、ガジェット、読書などについて、毎日楽しく発信中。瀬戸内DRONEWALKER所属。