悩みごとがあるときは、セルフセラピーカードで自己ヒーリング。




セルフセラピーカードで自分を癒す

最近、上司との関係で悩んでいます。なかなかうまくコミュニケーションが取れません。

あなたも何か悩んでいることはありませんか?

ぼくは、悩みがあるな〜と感じたときは、「セルフセラピーカード」でセルフヒーリングを行います。

といっても、カードを引いて出たカードのページを読むだけなので、誰でもできます。

セルフセラピーカードとは

心理セラピストのチャック・スペザーノ博士が開発したカードです。

心理セラピストが開発した48枚のカードを引くことによって、いま困っていることの「本当の原因」「それを癒してくれるもの」「それを突破したとき得られるもの」などがピタッと分かる心理カード&解説本

解説本の他に、48枚のカードが入っています。

カードは6色8枚ずつあり、それぞれ意味があります。

  • 黒色:被害者
  • オレンジ:人間関係
  • 青色:無意識
  • 緑色:ヒーリング
  • ピンク:ギフト
  • 白色:恩恵

黒・オレンジ・青がネガティヴ

緑・ピンク・白がポジティブ

という分類になっています。

カードに書いてある絵はとてもキレイで、眺めているだけでも癒されそうです。

セルフセラピーカードの使い方(ぼくの場合)

ぼくの使い方はいたってシンプルです。

カードを分ける

まず、カードを3種類に分類します。

黒&オレンジ&青のグループ・・・悩みの正体がわかります。

緑・・・悩みの癒し方がわかります。

ピンク&白・・・悩みが解決したあと得られるものがわかります。

カードを引く

3つの山からそれぞれ、目を閉じて1枚ずつカードを引きます。

なぜ目を閉じるかというと、どの色を引いたかわからないようにするためです。

引いたカードのページを読む

引いたカードのページをそれぞれ読みます。

きっと、あなたにも心当たりがあることが書かれています(断言)。

今回のヒーリングでは、恐れ(黒)、選択(緑)、ヴィジョン(白)を引きました。

本日のヒーリング結果

悩んでいることとその原因=「怖れ」

未来に対する防衛から起こる分離感、葛藤、喪失や攻撃の懸念。

「怖れ」とは、内面的な葛藤があり、心が別々のふたつのものを望んでいることを示しています。

あ、当たった。。。

会社を辞めるか、辞めないか、

自分を犠牲にして、会社のために頑張るか、頑張らないか、

そんな悩みのことを言っているのでしょう。

悩みを解決するための方法=「選択」

思考や、観念、感情や行動もまた「選択」の結果です。言い換えれば、どんな「選択」をするかによって自分で自分の経験を決めていることになるのです。

あなたを前進させるのは、欲しいものを「選択」することが出来るという明確な力なのです。

自分に起こっている状況は、自分が「選択」した結果である。。。

そして、自分が望む結果を「選択」することもできる。。。

悩みを解決したら得られるもの=「ヴィジョン」

「ヴィジョン」の中にいる時には、いつでもあなたの人生の目的を思い出します。人生の目的とは個人レベルで見れば「人生で何をするために生まれて来たのか」ということです。そしてスピリチュアルなレベルでは「この人生でどういう在り方で存在しようとしているのか」ということです。

まとめると、こうなります。

今ある「怖れ」を克服して、欲しいものを「選択」することで、人生の「ヴィジョン」が見えてくるよ。

納得。

いま、やってみてリアルに心が軽くなりました。

セルフセラピーカードは、誰にでも必要なものというわけではありません。

人生が今のままでうまくいっている人には必要ありません。

いま、誰にも言えず悩んでいることがある人には、オススメしておきます。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

魚釣りとドローンが好き。社畜が嫌いなダメリーマン。読書と自炊は生活の一部です。最近の興味→メルカリ、本の自炊、仮想通貨、ブログ。釣り×ドローンで面白いことを模索中。VALU→ https://valu.is/notthi