突然、ドローン操縦(8の字飛行)のコツを掴んだ。

ドローン操縦のコツを突然掴んだ。きっかけは?

長かった・・・ドローン操縦は結構難しいです。

毎日飛ばしているわけではありませんが、上達した!と思えるまでに、最初のドローン購入から1年8ヶ月かかりました。

と言っても、1年くらいは放置していたので、実質8ヶ月弱と言ったところでしょうか。

急にコツを掴んだきっかけは、知り合いに16万円もする高級ドローンを操縦させてもらったことです。

高級機はGPSを搭載していて、1ボタンで飛び立ちます。少々風が吹いていても、空中でホバリングしたまま動くことがありません。

なので、ドローンの操作に集中できます。じっくりと前後左右の動きを確認しながら、30分ほど遊ばしてもらった結果、旋回や8の字飛行のコツを掴むことができました。

今回操作させてもらったのは、DJIというメーカのMavic Proというドローンです。値段は約16万円!!まだ、、、買う勇気がでません。

<Amazon>

ドローン操縦の難しさ

左右の手で異なる動きを同時にするのが難しい

ドローン操縦は、初めてならMODE2がオススメです。左のスティックで上下・旋回、右のスティックで前後・左右を操作します。

左手は上下だけ、右手は前後左右の位置だけ、に集中すれば良いので、初めてでも慣れやすいです。

慣れるまでは、1時間と言ったところでしょうか。室内で練習すると、何度も墜落したり壁に衝突したりすると思いますので、安いもので練習するほうが良いです。

ホバリングが難しい

これは高級機なら誰でもできます。操作不要。

安価なトイドローンであれば、常に左右のスティックを操作しながら、位置を微調整する必要があります。

難しいけど、飛ばしがいがあります。

対面での操作が難しい

ドローンにも車のように向きがあります。自由自在に飛ばすには、ドローンと自分が向き合った状態(対面)での操作を身につける必要があります。

ドローンがこちらを向いた状態になると、前後左右の操作が見た目と反対になります。これができないと、8の字飛行ができません。

挫折する前に、少し良いドローンを買うのも手です。

簡易的な高度維持機能がついたものもアリ

小型のトイドローンでも、簡易的な高度維持機能がついたものなら、上下の動作を気にせずに、飛ばすことができます。

右スティックだけで、前後左右を調整しながら、左手に持ったスマホで写真撮影するくらいの余裕もあります。(下の写真)

5000円程度から買うことができます。

結局、短時間でコツを掴むには高級機で練習するのが一番かも

ドローンの操縦はコツコツ練習するしかありません。ただし、近道があるとしたら、誰でも安定して飛ばすことができる高級機で、じっくり確認しながら操作の練習をすることです。

友人が持っていれば・・・の話ですが。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

魚釣りとドローンが好き。社畜が嫌いなダメリーマン。読書と自炊は生活の一部です。最近ハマったもの→メルカリ、本の自炊、仮想通貨、bitzeny、ブログ。VALU頑張ります→ https://valu.is/notthi