あなたはどのタイプ?類人猿診断を会社の仕事と人間関係構築に活用したい

類人猿診断をご存知ですか?

ぼくは少し前に会社の同僚に教えてもらって、すぐ試してみました。

やる前は、

のってぃ
あー、よくある性格診断ね。

と軽く受け止めていました

しかし、実際に類人猿診断を受けてみて印象が変わりました。

これは……

「仕事に取り入れたい!」と思いました。

あなたはどのタイプ?10秒でわかる簡易診断

のってぃ
まずは簡易診断をどうぞ!

横軸は、「感情を表に出して表現するか、しないか」

縦軸は、「人生において大切にしていることは何か」

  • Aを選んだあなたは「オランウータンタイプ」
  • Bを選んだあなたは「ゴリラタイプ」
  • Cを選んだあなたは「チンパンジータイプ」
  • Dを選んだあなたは「ボノボタイプ」

4つのタイプの特徴、強み、弱み

オランウータンの特徴

オランウータンタイプは「職人気質のこだわり屋」

あまり他人と交わらず、組織の中にあっても、どこか一匹狼の職人的ポジションにいるのがオランウータンタイプです。「他人からどう評価されるか」よりも。「これは自分のやるべき仕事かどうか」という直観にしたがって行動する傾向があります。

オランウータンタイプは、「人間は一人で生きていくもの」という感覚を心の芯のところに持っています。そのため、自分の人生や仕事については、自分で状況を把握し、じゅうぶんに納得してから行動したい、という欲求が強く、なかなか人任せにすることができません。

オランウータンタイプのキーワードは「納得」

自分で納得したことは、高い集中力を持って取り組みます。

しかし「なぜこれをやるのか」「なぜこのやり方なのか」ということを納得しないと、簡単な仕事であっても、手を付け始めることすらできません。

自分のやり方に対するこだわりが強いため、周囲化が誤解されてしまうことも多いです。

ゴリラの特徴

ゴリラタイプは「平和主義の安定志向」

ゴリラタイプが大切にしているのは、自分の利益や評価よりも、自分が所属する集団の秩序と調和。真正面から自分の意見を戦わせるのではなく、そこにいる全員のバランスをとることを何よりも優先します。

秩序と調和を大切にするゴリラタイプにとって理想の生活は、すべてがつつがなく、変わらぬ日々が続いていくこと。毎朝同じ時間に起き、同じ時間だけ働いて帰宅し、同じ時間に寝る、という変わらぬ日常を黙々と繰り返していくことが、ゴリラタイプが求める、一番安心できる生活なのです。

ゴリラタイプのキーワードは「秩序」。

争いごとを好まず、激しく自己主張することなく全員のバランスを取り、組織の秩序を守る調整役を担うことができます。

ルーティンワークを黙々と続けるのが得意。

しかし、小心者で急なアクシデントやトラブル、イレギュラーな事故が起きると動揺して、重要な決断を下せなくなってしまうことがあります。

チンパンジーの特徴

チンパンジータイプは「勝ち負け重視で社交的」

自分の意見がはっきりしていて、合理的で頭の回転が速く、(良くも悪くも)あまり物事を長々と考え込まず、即断即決で行動します。

チンパンジータイプが求めているものは、他人からほめられ、認められ、(高い)評価を受けること。仕事の成果が上がることはもちろん重要ですが、「ライバルと自分のどちらが上なのか」という序列に強い関心を持っています。

チームを率いる立場になったときには、足を引っ張る同僚やチームメイトに対しては、感情を剥き出しにして、激しく叱責することも少なくありません。

チンパンジータイプのキーワードは「勝利」。

高い社交性で周囲の人を巻き込みながら、エネルギッシュに物事を進めることができます。

しかし、感情的で怒りっぽく、自分の思ったとおりにいかないときには、同僚や部下にあたってしまうことがあります。

ボノボの特徴

ボノボタイプは「感情豊かなムードメーカー」

ボノボタイプの行動は理屈ではなく、感情によって決まります。自分が好きか嫌いか、自分が好かれるか、嫌われるか、ということによって意見や行動を変えるため、はたから見ると言動に一貫性がありません。

相手が自分のことをどう思っているのか、嫌われていないか、自分の気持ちが伝わっているか。ボノボタイプが求めているのはそういう他者との共感です。

ボノボタイプのキーワードは「共感」。

他者の感情に共感する能力が高く、場の空気を明るくしてチームのムードメーカー的役割を担うことができます。

しかし、何事にも感情が優先するので、順序立てて物事をこなすのが苦手です。

タイプ別「あるある」

本書の巻末に、タイプ別あるあるとして各タイプの説明書が載っているのですが、これがほんとによく当たっています。

ぼくはかなりの、オランウータンです。

例えば、

 

  • 認めて欲しいのは自分自身よりも、自分の仕事。
  • 「変わってる」といわれるのは嫌いじゃない。
  • よく考えてから行動するが、実は結論は先に、直感的に決まっている。
  • ほめられるよりも、自分が納得することのほうが大事。
  • 子どもの頃からずっと続けている趣味がある。

 

のってぃ
心当たりありすぎ!!!

あなたはどうですか?

オランウータンの説明書

  • ピンチのときほど、より物事に集中できる。
  • 認めてほしいのは自分自身よりも、自分の仕事。
  • 「変わってる」といわれるのは嫌いじゃない。
  • 人の好みが激しく、会った瞬間、好き嫌いを判断している。
  • 好きになった物、人への執着心が強い。
  • お店に入ったときは、全体を見渡せる奥の席に座りたい。
  • 知らない人から声をかけられると思わずビクッと警戒する。
  • 記念撮影の写真を後からみると、しかめっ面をしていた。
  • 仕事と趣味はあまり区別しない。
  • 収集癖がある。
  • 笑い顔が苦しそう。
  • よく考えてから行動するが、実は結論は先に、直感的に決まっている。
  • クローゼットには同じ色やブランドの服ばかり。
  • 自分が選んだ仕事であれば、長時間労働も苦にならない。
  • 周囲から浮くことを気にせずに、大胆な決断をすることがある。
  • ほめられるよりも、自分が納得することのほうが大事。
  • 子どもの頃からずっと続けている趣味がある。
  • ゲームをやるならアクションよりRPGだ。
  • 流行りものにはあまり興味がない。
  • ファッション全体は地味でも、一品にだけはこだわりたい。
  • 社会情勢から身の回りのことまで、自分の頭で理解し、把握したい。
  • 自分と他人との間には余地が欲しい。むやみに距離をつめてほしくない。
  • 理屈っぽくて人の気持ちがわからないといわれることがある。
  • 要領をえない話を聞いていると「要するにどういうこと?」と聞いてしまう。
  • 旅行に出るなら一人旅が気楽。
  • デートは遠出や贅沢な食事をしなくてもいい。

ゴリラの説明書

  • 人の話を聞くのは苦にならない。
  • 旅行に行くときはしっかり計画を立てる。
  • 同僚や仲間から、打ち明け話をされることが多い。
  • 我慢強いところがある。
  • 「どう思う?」なんて聞かれても自分の気持ちなんかわからない。
  • スポットライトは浴びたくない。
  • 緊張してお腹が痛くなることがよくある。
  • 場の空気を乱さないように、気を使っている。
  • 「何か」起きると大変だから、準備は欠かせない。
  • 面と向かってほめられるとどうしていいかわからない。
  • あまり喜怒哀楽の波はないほうだと思う。
  • 休日はのんびりとした時間を過ごしたい。
  • 困っている人を見ると、つい世話を焼きたくなる。
  • 飲み会で大皿料理が出たときは、周囲の様子をうかがいつつ自分が取り分ける。
  • ルールや規律を平気で破る人には腹が立つ。
  • トラブルがあると、急激に落ち着かなくなる。
  • 信心深いほうだ。
  • 話し合いではまず人の意見を聞く。自己主張はあまりしない。
  • 人のお世話をするのが好きだ。
  • 結果が多少悪くなっても、安全・安心を優先したい。
  • 「好きにやっていいよ」といわれても困る。
  • 仕事より家族が大切だ。
  • 温和で怒らないほうだと思うが、敬意のない態度には腹が立つ。
  • 自分の意見、ポリシーがない、優柔不断ではっきりしないといわれる。

チンパンジーの説明書

  • 初対面でも人見知りせず、物怖じしない。
  • 「すごいね」といわれるとがぜんやる気が出る。
  • 恋人とは毎日メールや電話で連絡し合うのが当然だ。
  • やる気にムラがある。
  • 周囲が自分より出世すると妬んでしまう。
  • 必要があればライバルを蹴落とすことはいとわない。
  • 出世欲は強いほうだ。
  • 夢は大きい方がいいと思う。
  • 他人が自分のために骨身を削ってがんばってくれると感動する。
  • 初めてやることでも、自分ならできそうだと思う。
  • 恋人と過ごす誕生日やクリスマスは、サプライズ演出をしたい。
  • あまり時間のかかるゲームはやらない。
  • 少ない労力で大きな成果を出す人が偉いと思う。
  • 失恋しても、立ち直りは早いほうだ。
  • 自分を頼ってくれるなら、助けてやろうと思う。
  • 本当はちょっと無理してるんだけど、そのことをわかってもらえない。
  • どちらかといえば、モテる方だと思う。
  • 相手に悪いところがあると思えば素直に指摘する。
  • あまり根に持つほうではなく、さっぱりした性格だと思う。
  • ブランド物の服や、(女性の場合)貴金属が好きだ。
  • 車を買うなら高級車のほうがいい。
  • 声が大きいとよくいわれる。
  • 仲間はずれにされるのは大嫌い。
  • どんなことでも、人より目立つのが大事だと思う。
  • 勝ち負けにはこだわるほうだ。
  • 自分があげた成果については、必ず誰かに評価してほしい。

ボノボの説明書

  • 誰とでも友達になれる。
  • 宴会は大好きなので、率先して盛り上げる。
  • ついつい長電話になる。
  • 部屋はちっとも片付かない。
  • 恋人や伴侶には、絶対、記念日(結婚記念日など)を忘れて欲しくない。
  • 「責任ある仕事」になんかつきたくない。
  • 会社の引き出しにはいつもお菓子が入っている。
  • ファッションは、ブランドよりも自分の好みの色形で選ぶ。
  • 家に帰るとだらっとしていたい。
  • 好きになった人や、自分が信頼する人に判断を任せてしまう傾向がある。
  • 子どもっぽいといわれる。
  • 他人の意見に流されやすい。
  • 腹が立つことがあっても、お腹一杯になれば機嫌が直る。
  • テレビや雑誌、あるいは友人に勧められたものは買ってしまう。
  • 自分が挨拶したときに反応が薄いと悲しくなってしまう。
  • 話に落ちがなく、長いといわれる。
  • ドラマや映画で感情移入して、泣いてしまうことが多い。
  • まわりの人が自分のことをどう思っているかが気になる。
  • ひとりぼっちは苦手。
  • 講演やプレゼンテーションなど、多くの人の前でまとまった話をするのは嫌だ。
  • 自分の苦しい気持ちをわかってくれれば、悩みなんか解決しなくてもいい。

まとめ:仕事への活かし方。モチベーションの上げ方は人それぞれ違う

  • 「君のおかげで成功したんだよ!」
  • 「あのアイデアはすごかったよな。誰も思いつかないよ」
  • 「ていねいに調整してくれたおかげで、チームが一体になれたね」
  • 「このチームで一緒に仕事ができて、みんな本当に楽しそうだったね!」

人は他人から認められ、ほめられることによってモチベーションが上がり、よりその人本来の能力を発揮することができるようになります。しかし、「どのようにほめられたいか」「どこを認められたいか」は、人それぞれ違います。

人は褒められるとモチベーションが上がる。当たり前なのですが、言葉のかけ方を間違えると、逆効果になってしまう場合もあります。なぜなら、人それぞれ「ほめられたいポイント」が違うからですね。

のってぃ
類人猿診断のタイプに沿った声掛けを心がけていこうと思います!

おわりっ!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

年間400冊の読書家。一児のパパブロガー。残業が嫌すぎてストレスチェックに引っかかる。大の釣り好きだけど全然行けていない。16万円かけて組み立てた週刊ロビを3回しか遊んでいないくらいには、飽きっぽい。 好きなことだけして生きていくためにブログを始める。ドローンが好き。瀬戸内DRONEWALKER所属。