iPadでバレットジャーナルを書いてみようかな? と思いつきました。

半分衝動買いしたApple Pencil&iPad Proですが、手書きで確かに紙のように書くことができます。

バレットジャーナルについても、iPadで書けるかも?と思いついて調べてみました。

バレットジャーナルをiPadで書いている人は既にいた

調べてみるとやはりいました。

iPadでバレットジャーナルを書いている人たち。

iPadの場合、どのアプリを使うかが悩みどころですね。

iPadで手書きバレットジャーナル手帳を始める方法

デジタルの良さを生かしてオリジナルのバレットジャーナル2.0を考案する人も。

iPadでバレットジャーナルをやることは理にかなっているか?

個人的には、こちらの記事のソニーのデジタルペーパー用の手帳テンプレートが使いやすそうだと思いました。

iPadでデジタルバレットジャーナルができないか模索してみる

iPadでのデジタルバレットジャーナルのメリット

  • 文字を移動&書き直せる
  • コピペできる
  • 検索できる
  • 写真などのデータを貼り付けられる
  • iPhoneなど他のデバイスからも見れる
  • ページ数無制限
  • クラウドへバックアップが可能
  • ペンの色が無制限
  • オリジナルのページテンプレートが使える

こう考えると、デジタルにするメリットは結構ありますね。

まとめ

まずはノートアプリ選びからかな?

試してみよう!

おわりっ!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1歳児1人のパパ。仕事にも、育児にも、自分の趣味にも全力。すべてを自由にはできないけれど、自由を追い続けたい。毎日を遊ぶように人生を楽しみたい。 趣味でブログ『遊ぶように生きよう』を運営。 釣り、ドローン、ガジェット、読書などについて、毎日楽しく発信中。瀬戸内DRONEWALKER所属。