フロントガラスに張りついたドライブレコーダーの取り外しは、ヘラとパーツクリーナーがあればOK

先日新しいドライブレコーダーを買いました。

ひどい煽り運転に合うことはほとんどないのですが、車通勤なので安全運転に気を付けるために、前後撮影できるドライブレコーダーを付けることにしました。

前からつけていたドライブレコーダーは、妻の車につけようと考えています。

強力粘着テープでつけたドライブレコーダーの外し方

二つの道具をホームセンターで入手してきました。

「へら」 と 「パーツクリーナー」です。

まず、ヘラをドライブレコーダーとフロントガラスの間に差し込んで、半ば強引に剥がしていきます。

グリグリと押し込んでいきます。

手が滑ってケガをしないように要注意。

剥がれました。

フロントガラスに残ったベタベタはパーツクリーナーでスッキリ取れる

ヘラで剥がしただけでは、フロントガラスにベタベタが残ります。

パーツクリーナーを布に染み込ませてから拭き取れば・・・

スッキリ!

まとめ

フロントガラスに張りついたドライブレコーダーの取り外しは、ヘラとパーツクリーナーがあればOK!

おわりっ!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

年間400冊の読書家。一児のパパブロガー。残業が嫌すぎてストレスチェックに引っかかる。大の釣り好きだけど全然行けていない。16万円かけて組み立てた週刊ロビを3回しか遊んでいないくらいには、飽きっぽい。 好きなことだけして生きていくためにブログを始める。ドローンが好き。瀬戸内DRONEWALKER所属。