車のフロントガラスが凍っているときは解氷スプレーで霜を溶かそう

冬になると、毎朝出勤前に車のフロントガラスが凍っている・・・イライラしますよね。

「解氷スプレー」を使えば、凍ったフロントガラスをすぐに溶かすことができます。

従来のやり方(その問題点)

エンジンを早くからかけておく(時間がかかる)

お湯を持って出かける(時間がかかる・お湯がない場合もある)

フロントガラスをシートで覆っておく(時間がかかる・凍らない日も作業する無駄)

初めは『凍らせない』ことが一番の解決策と考えていたので、フロントガラスをシートで覆っておく方法を検討していました。

しかし、毎日フロントガラスが凍るわけではなく、シートをドアに挟む作業がめんどくさい……

解氷スプレーの良さ

予防措置不要、必要な時に必要なだけ使える。

フロントガラス全面を覆う氷でも、1分程度で全解凍。

コストは一シーズンで¥1000以下。

1本で大体1シーズン使えます!

使用前


真っ白に凍り付いていて、少しエンジンをかけたくらいでは溶ける気配がありません。

1分後(気温マイナス1度)

溶けました!かかる時間は1〜2分です。

解氷スプレーの問題点

ワイパーや車の塗装への影響が気になる

古河薬品工業の公式サイトによると、「ガラスコーティング車にも使用可能」とあります。

ぼくは出来るだけボディにはかからないように気をつけていて、特にコーティングへの影響は感じていません。

ワイパーゴムへの影響については記載がありませんでしたが、1年間使ってみた感じでは影響はなさそうです。

ぶ厚い氷の時は溶けない

先日、1回だけあったのですが、雪かみぞれが降った後に凍りついて、厚みのある氷で覆われていた時は、溶けませんでした。

正確には、溶かすのに5分くらいかかりました。

ただ、そんな分厚い氷が張るのは、福山市だと年に1回あるかないか、なので何とかなります。

まとめ

のってぃ
解氷スプレーは冬の間車に常備、必須!

おわりっ!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

年間400冊の読書家。一児のパパブロガー。残業が嫌すぎてストレスチェックに引っかかる。大の釣り好きだけど全然行けていない。16万円かけて組み立てた週刊ロビを3回しか遊んでいないくらいには、飽きっぽい。 好きなことだけして生きていくためにブログを始める。ドローンが好き。瀬戸内DRONEWALKER所属。