3Dプリンターで、ティッシュボックスを壁掛けDIYしました

3Dプリンターを自力で修理して、復活したので早速色々作っています。

【写真30枚超】3Dプリンターのノズル詰まりを自分で分解修理しました(Reprap prusa i3)

2018.08.19

せっかくお金をかけて3Dプリンターを購入したので、

できるだけ生活を便利にする有用なものを作りたい。

というわけで、ティッシュ箱を壁掛け出来るパーツを作ってみました。

設計は3D-CAD(fusion360)で行いました。

プリントにかかる時間は90分ほどです。

ピンは「ニンジャピン」という商品名で、購入品です。

壁に跡が残りにくいので気軽に刺すことができます。

壁に取り付けたイメージ。

3Dプリンター1つで、どんどん生活が便利になっていくのが楽しいです!

おわりっ!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

年間400冊の読書家。一児のパパブロガー。残業が嫌すぎてストレスチェックに引っかかる。大の釣り好きだけど全然行けていない。16万円かけて組み立てた週刊ロビを3回しか遊んでいないくらいには、飽きっぽい。 好きなことだけして生きていくためにブログを始める。ドローンが好き。瀬戸内DRONEWALKER所属。