釣りを始めたい初心者にちょい投げ釣りをおすすめする5つの理由

気軽に釣りを始めてみたい人には「ちょい投げ釣り」がおすすめです。

釣り歴20年、釣りブロガーの、のってぃ(@notthi)です。

投げ釣りというと、長い竿を使って思い切り竿を振って、仕掛けをものすごく遠くへ飛ばして魚を釣る釣り方をイメージするかもしれません。

実際、投げ釣りでは仕掛けを100メートル先へ投げることもよくあります。

ただ投げ釣りにも色々あります。遠くへ投げるだけが投げ釣りではありません。

「投げ釣り」じゃなくて「ちょい投げ釣り」とは、道具も比較的簡単なものでそれほど遠くに投げることもありません。

だれでも気軽に始めることができます。

投げる距離も多くの場合50メートル以内で、場合によっては数メートル、ほとんど足元で釣る場合もあります。

この記事では、釣り初心者の方にちょい投げ釣りをお勧めする5つの理由についてまとめました。

場所を選ばない

ちょい投げ釣りは場所を選びません。海辺であれば大体どこでもできます。

もちろん釣り禁止の場所はダメですが、砂浜や、岩場、堤防、港など、ほとんどどこでも、気軽に釣れます。

砂浜↓

岩場↓

道路のすぐそばからでも↓

エサ代・仕掛け代が安い

ちょい投げ釣りであれば、餌代はそれほどかかりません。

慣れるまで少し気持ち悪いですが、アオイソメという虫を使います。家族4人で1日遊んでも1,000円程度の餌代で楽しむことができます。

根掛かりの少ない砂場もポイントを選べば、仕掛けを失うことも少ないので、仕掛け代も1000円程度に収まります。

仕掛けはその名も「チョイ投げ」でオッケーです。

3本針は絡みやすく扱いにくいので、慣れるまでは2本針から。ぼくはずっと2本針を使っています。

とりあえず投げておけば釣れるチャンス有り

極めればもちろんいろいろな戦略はあるのですが、基本的には餌をつけて海に投げ込んで待っていれば、魚が釣れるチャンスがあります。

とても簡単です。

老若男女問わず楽しめる

遠くに投げる必要もないので、力もいりません。子どもや女性でも気軽に楽しめます。

餌は気持ち流悪いかもしれませんが、その際はガルプサンドワームを使いましょう。

投げ釣りで餌の青イソメが触れない人はガルプサンドワームを使おう

2017.08.22

道具も1万円くらいですごく良いものが揃う

道具については1セット3,000円から5,000円で揃えることができます。ぼくのオススメは、もう少し奮発して1セット10,000円前後の竿とリールを揃えることです。

その理由についてはこちらの記事に記載しています↓

【合計1万円】ちょい投げ釣り初心者におすすめの遠投できる竿とリール

2017.08.23

1万円という値段を高いと思うか安いと思うかは人それぞれですが、5年とか10年スパンで長く使うことを考えると、趣味にかける金額としては、アリだと思っています。

まとめ

初心者にちょい投げ釣りをおすすめする5つの理由
  1. 場所を選ばない
  2. エサ代・仕掛け代が安い
  3. とりあえず投げておけば釣れるチャンス有り
  4. 老若男女問わず楽しめる
  5. 道具も1万円くらいですごく良いものが揃う
ちょい投げ釣りは気軽に始められて、それほどコストもかからず、誰でもどこでも楽しむことができます。

とはいえ、想像以上にいろいろな魚を狙うことができますし、大物も釣れます。

ぼくは、ちょい投げ釣りを一生の趣味として続けていきたいなって思っています。

おわりっ!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

年間400冊の読書家。一児のパパブロガー。残業が嫌すぎてストレスチェックに引っかかる。大の釣り好きだけど全然行けていない。16万円かけて組み立てた週刊ロビを3回しか遊んでいないくらいには、飽きっぽい。 好きなことだけして生きていくためにブログを始める。ドローンが好き。瀬戸内DRONEWALKER所属。