ちょい投げ釣りの糸の選び方




ちょい投げ釣りの釣り糸の選び方について書きました

いきなり結論から入ります

結論:ナイロン3号を買えばOK

500~600メートル巻きで数百円のものでOK

ナイロン3号というのは、大体6キログラムくらいの強さがありますので、よほどの大物でない限りは、切れることはありません

3号より細いと、投げた衝撃で切れやすくなります

逆に3号より太くすると、飛距離が出にくくなり、風の影響も受けやすくなります

ちょうどよい太さが、3号なのです

錘を20号くらいまでであれば、ナイロン3号ラインをそのまま仕掛けに結べばOKです

それ以上の重さはちょい投げ釣りではあまり使いませんが、力糸(ちからいと)と呼ばれる太い糸を5メートルくらい先端に結ぶ必要がでてきます

投げた衝撃で糸が切れないようにするためです

ですが、ちょい投げ釣りでは錘は15号くらいまでがメインなので、力糸は不要でしょう

PEラインは結びにくさと、トラブルがあるのでパス

PEラインは、細い糸を編んで作っているので、細いのにめちゃくちゃ強いです

糸自体の伸びが少ないので、魚のアタリも敏感に感じ取ることができます

細くて強いということは、同じ強さの糸で細くすることができるので、飛距離も伸びます

こう書くとメリットばかりのように思いますが、PEラインは柔らかくて扱いにくいです。しかも値段が高い

また、糸の結び方も気を付けないと、すぐほどけてしまいます

気軽に始めるちょい投げ釣りにおいては、PEラインは不要です

フロロカーボン

フロロカーボンの糸はハリスに使います

ちょい投げ釣りでは、基本的に市販の釣り仕掛けを使いますので、ハリス用の糸は不要です

まとめ

のってぃ
ちょい投げ釣りでは、ナイロン3号だけあればOK

選ぶ要素があるとすれば、ナイロンラインは、いろんな色があるので、好みに応じて選ぶのも良いです

ぼくは見やすさ重視と、竿を見分けるために、青・ピンク・黄色を使い分けています

おわりっ







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

魚釣りとドローンが好き。社畜が嫌いなダメリーマン。読書と自炊は生活の一部です。最近の興味→メルカリ、本の自炊、仮想通貨、ブログ。釣り×ドローンで面白いことを模索中。VALU→ https://valu.is/notthi