ちょい投げ釣りの糸の選び方

ちょい投げ釣りの釣り糸の選び方について書きました。

釣りブロガーの、のってぃ(@notthi)です。

いきなり結論から入ります。

結論:ナイロン3号を買えばOK

500~600メートル巻きで数百円のものでOK。

ナイロン3号は大体6キログラムくらいの強さがありますので、よほどの大物でない限りは切れることはありません。

ナイロン糸の場合は、「1号=約2㎏」と覚えておけばOKです。

3号より細いと、投げた衝撃で切れやすくなります。

逆に3号より太くすると、飛距離が出にくくなり、風の影響も受けやすくなります。

ちょうどよい太さが、3号なのです。

錘を20号くらいまでであれば、ナイロン3号ラインをそのまま仕掛けに結べばOKです。

それ以上の重さはちょい投げ釣りではあまり使いませんが、力糸(ちからいと)と呼ばれる太い糸を5メートルくらい先端に結ぶ必要がでてきます。

投げた衝撃で糸が切れないようにするためです。

ですが、ちょい投げ釣りでは錘は15号くらいまでがメインなので、力糸は不要でしょう。

PEラインは結びにくさと、トラブルがあるのでパス

PEラインは、細い糸を編んで作っているので、細いのにめちゃくちゃ強いです。

糸自体の伸びが少ないので、魚のアタリも敏感に感じ取ることができます。

細くて強いということは、同じ強さの糸で細くすることができるので飛距離も伸びます。

こう書くとメリットばかりのように思いますが、PEラインは柔らかくて扱いにくいです。しかも値段が高い。

また、糸の結び方も気を付けないと、すぐほどけてしまいます。

気軽に始めるちょい投げ釣りにおいては、PEラインは不要です。

フロロカーボン

フロロカーボンの糸はハリスに使います。

ちょい投げ釣りでは、基本的に市販の釣り仕掛けを使いますので、ハリス用の糸は不要です。

まとめ

のってぃ
ちょい投げ釣りでは、ナイロン3号だけあればOK

選ぶ要素があるとすれば、ナイロンラインは、いろんな色があるので、好みに応じて選ぶのも良いです。

ぼくは見やすさ重視と、竿を見分けるために、青・ピンク・黄色を使い分けています。

おわりっ!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

年間400冊の読書家。一児のパパブロガー。残業が嫌すぎてストレスチェックに引っかかる。大の釣り好きだけど全然行けていない。16万円かけて組み立てた週刊ロビを3回しか遊んでいないくらいには、飽きっぽい。 好きなことだけして生きていくためにブログを始める。ドローンが好き。瀬戸内DRONEWALKER所属。