マツダCX-5の助手席のシートベルト警告音を止めたい




マツダCX-5に乗っていて、助手席のシートベルト警告音を止めたい人向けの記事です。

この記事は約1分で読めます。

一人で車に乗るときって、助手席にカバンを置きませんか?

こんな感じで。

カバンひとつ乗せただけで、シートベルトの警告音が鳴ってしまうのです。

(カバンが異常に重たいわけではないです)

といいつつ気になったので、

カバンの重さを測ったら、1889グラムでした

のってぃ
2キログラム以下の重さで、反応するとは、どれだけ体重が軽い人を想定しているのだろう・・・?

アイテムひとつで解決

今すぐ警告音を止めたい!

そんなあなたに。

シートベルトキャンセラー

※2017年11月23日現在、MAZDAロゴ入りのものは買えなくなっているようです

似たものはまだ楽天に売っていました

これ1つでシートベルト警告音はなりません。

メリットとデメリット

メリット

付けるだけでシートベルト警告音が鳴らないこと。

デメリット

①助手席に人が乗るときに外し忘れていて、「アレ?アレ?」って戸惑う。

②「カタカタうるさい」・・・Amazonレビューにもあります。

バックル(シートベルトを挿すところ)の角度によってはカタカタと振動して音がなることがあります。バックルの角度をめいいっぱい立てることで、気にならなくなりました。

当たり前ですが、人が乗るときは、普通にシートベルトしましょう。

おわりっ!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

魚釣りとドローンが好き。社畜が嫌いなダメリーマン。読書と自炊は生活の一部です。最近の興味→メルカリ、本の自炊、仮想通貨、ブログ。釣り×ドローンで面白いことを模索中。VALU→ https://valu.is/notthi