さようならS1500。本の電子化はScanSnap SV600だけでOKな理由

今年に入ってから全く使わなくなっていた、ScanSnap S1500を手放しました。

ペーパーレスな生活を送るために家中のモノを減らしまくっている、のってぃ(@notthi)です

のってぃ
使わなくなったS1500はメルカリに出したところ、すぐに売れて、8000円くらいのお小遣いをゲットしました

これまでにScanSnap S1500とScanSnap SV600の両方でそれぞれ100冊以上の本をスキャンしてきました。今回S1500を手放すに至った理由を考えてみます。

ScanSnap S1500 とSV600の違い

S1500を手放した理由にの前にまず、二つのスキャナーを簡単にご紹介します。

ScanSnap S1500

S1500は、コンパクトなA4サイズのスキャナーです。

A4サイズまでの用紙を、一度に50枚くらいスキャンすることができます。

両面同時スキャンなので、かなり高速です。

ただし、本をスキャンするときはバラバラに裁断する必要があるので、別に裁断機が必要です。

ぼくはこれを持っていました。

この大型裁断機は、めちゃくちゃ強力で、300ページある本でも、一発で裁断できます。

機能には満足ですが、場所を取り過ぎるのが難点です。

もう要らないから捨てようかな…(2018年3月、友人に譲りました)

ScanSnap SV600

SV600は、横幅20センチ、高さ40センチくらいのオーバーヘッド式スキャナーです。

オーバーヘッド式というのは、上からカメラで撮影するようにスキャンする方式で、スキャン対象物に触れずにスキャンできます。

本の場合は、見開き2ページ分を一度にスキャン可能です。ページは付属のソフトが自動で分割してくれます。

裁断機が不要で、保管に場所を取らないのが良いところです。

ScanSnap SV600だけで良いと思った3つの理由

本を裁断しなくて良い

圧倒的メリットがあるのが、本を裁断しなくて良いところ。

4000円とか5000円する本を持っていると、本を裁断することには、抵抗があります。

スキャンのクオリティが良い

スキャンした文字が、SV600の方が読みやすいと感じています。

簡単ですが、同じ本をスキャンしたところを比較してみます。

S1500の場合(Acrobat9でOCR処理後)

SV600の場合(ScanSnap付属ソフトでOCR処理後)

好みはあるかもしれませんが、ぼくは、SV600の方が自然な文字で読みやすいと思います。

知らない方もいるかもしれないので一応説明すると、「OCR」とは文字認識する処理のことで、文字列で検索できるPDFになります。

ちょっと拡大して比較。

S1500の場合(Acrobat9でOCR処理後)

SV600の場合(ScanSnap付属ソフトでOCR処理後)

のってぃ
どうでしょうか?

読みながらスキャンすると、かかる時間は気にならない

これは、ぼくだけしか当てはまらないかもしれません。

S1500では、スキャンするのに1冊20分程度かかります。

SV600だと、ページ数によりますが、30分〜1時間程度かかります。

この時間差をどう見るか?

ぼくの場合は、SV600でスキャンしながら、本をざっと流し読みしているので、それほど無駄な時間だとは考えていません。

本を裁断したことがある方はわかるかもしれませんが、S1500でスキャンするには、カバーや帯の処理がかなり面倒です。

その点SV600なら、カバーごと本を置いて、そのままスキャンできます。

裁断と、表紙や帯の処理、ゴミの処理にかかる時間を考えると、それほど時間は変わらないこともあるくらいです。

まとめ:こんな人にはSV600がおすすめです

というわけで、2年ほど使って、今年は全く出番がなかったS1500を手放しました。

また一つ家からモノが減って、スッキリしました。

ぼくがSV600をおすすめするのはこんな人です↓

  • 絶対に本を裁断したくない
  • 絶版だったり高額だったりで、裁断できない本がある
  • 本の一部分だけを手軽にスキャンしたい
  • クレヨン画など、作品に触れずにスキャンしたい
あと、SV600ではある程度の文字列の傾きや歪みが避けられない場合があるので、完璧にキレイじゃなきゃダメ!ってに人には向きません。

おまけ

将来的には、子どもが書いたクレヨン画なども、スキャン可能!

おわりっ!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

年間400冊の読書家。一児のパパブロガー。残業が嫌すぎてストレスチェックに引っかかる。大の釣り好きだけど全然行けていない。16万円かけて組み立てた週刊ロビを3回しか遊んでいないくらいには、飽きっぽい。 好きなことだけして生きていくためにブログを始める。ドローンが好き。瀬戸内DRONEWALKER所属。