ScanSnap SV600での本のスキャンを効率化する1つのコツ

2017年で紙の本を全て手放すことを決心した、のってぃ(@notthi)です。

ScanSnap SV600という非破壊スキャナーを使用して、あらゆるビジネス書を自炊しまくってます。

その数ざっと400冊!

ただ、SV600で自炊するときに面倒なのが、スキャンした後の手直し作業。

酷い時は、全ページに手直しが発生して、2時間くらいかかることも……

一番の原因は、ハードカバー書籍などの表紙が邪魔をして、うまく本の境界を認識しなくなることです。

そんな手直し作業の時間を減らして、少しでも効率的に本を自炊するためのアイテムを1つご紹介します。

準備するもの

使用するのは、ダイソーで購入した、クッションマットです。

レザー調で色は黒です。

横55センチメートル、

縦35センチメートルです。

真ん中を長方形に切り抜きます。

横5センチ、縦25センチくらい切り取ると、ほとんどのビジネス書に対応できます。

実際のスキャンの手順

まず、1ページ目。

表紙はそのままスキャンします。

次のページも、そのままスキャン。

帯やカバーはそのままでOK。

ここで、先ほど作ったアイテムの出番!

表紙と裏表紙以外の部分を立てて、

穴の空いたクッションマットを被せます。

クッションマットによって、上下左右のハードカバーの部分(この本だと緑色の部分)が隠れるので、精確にスキャンできるようになります。

具体的には、スキャン後の手直し処理時間が60分→5分くらいに短縮されます。

以前は厚紙を使用していましたが、ずれたり破れたりするので、丈夫なものを探していて、ダイソーのクッションマットにたどり着きました。

ScanSnap SV600で厚いハードカバー本をスキャンするコツ

2017.02.11

裏表紙の裏と、裏表紙は、クッションマットを外して、普通にスキャンすれば、自炊完了。

まとめ

新しい機械を、いかに上手く使いこなすか?というのも、楽しみの1つです。

本棚が空っぽになって、全ての本がiPhoneの中に収まっているのは、いいものですよ。

おわりっ!







1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    年間400冊の読書家。一児のパパブロガー。残業が嫌すぎてストレスチェックに引っかかる。大の釣り好きだけど全然行けていない。16万円かけて組み立てた週刊ロビを3回しか遊んでいないくらいには、飽きっぽい。 好きなことだけして生きていくためにブログを始める。ドローンが好き。瀬戸内DRONEWALKER所属。